セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー部

D.I.Y. 生活用品

脱塩素シャワーヘッド比較。三菱のクリンスイと、東レのトレシャワーは、どっちがベストか?

投稿日:2012年6月10日 更新日:

今回は、脱塩素できるシャワーヘッドの比較検討です。

クリンスイとトレシャワー

お風呂についているシャワーなのですが、最近になってフケがよく出るようになりました。

この季節で部屋が乾燥しているからという理由もあるのですが、髪の毛がパサパサするようになり、ブラシをしたときにちょっと引っかかることも。

普段はリンスインシャンプー派なのですが、リンスを使わないとガシガシになってしまうことが増えてきまして、リンスを使うようにしていたのですが、やっぱり面倒くさいので、何とかしたいなぁと。

そこで、昔に使っていたことがある脱塩素シャワー、ピュアピュアのことを思い出し、シャワーヘッドの交換を考え始めたのです。

というのは、プールに行くのですが、プールから出たあとの乾いた髪の感じと、なんとなく似ていたので、おそらく塩素が原因なのではないかと疑うようになってきたからです。

上下水道の整備によって、ちょうどマンションの配管工事がおわった時期でもあったのですが、それと前後するようにして症状が出始めたため、もしかして水の質が若干変わったのかもしれないと、素人ながらに勝手に分析した結果なのですが、塩素を除去することで水がやわらかくなることは経験済みだったので、ちょうどいいやと思い、この機会に買ってみようと思いました。

そこで、アマゾンでいまどきの脱塩素シャワーヘッドを探していると、有力な候補が2つ出てきました。

それが、東レの除塩素シャワー「トレシャワースリム RS51W」という製品と、三菱レイヨンの「クリンスイ 浄水シャワー SY102-IV」という製品です。

東レ 除塩素シャワー トレシャワースリム RS51W

三菱レイヨン・クリンスイ 浄水シャワー SY102-IV

かつて使っていたピュアピュアは、本当によく効果を実感できた商品でした。

現在は製造されていないのですが、このクリンスイの脱塩素シャワーが、ピュアピュアの後継機種に当るということを知り、気持ちはクリンスイに傾いていたのです。

どちらも値段は3500円程度。

交換用のカートリッジも、東レのものは1個1500円。

クリンスイの方は、2個で2200円と、若干クリンスイがお得だというくらいで、価格差はほとんどないように思われました。

除去性能に関しても、両社ともほとんど差はありません。

ただ、三菱のクリンスイは、浄水(脱塩素した水)と、原水(もとのままの水道水)を切り替えて使うことはできないので、風呂の浴槽を洗うときや、こどもの靴を洗うときなどでも、浄水を利用することになります。

それはそれで問題はないのですが、カートリッジには寿命があるので、できれば無駄にシャワーを使うことは避けたいと思いました。

クリンスイのスペックを見ると、フィルターカートリッジの交換目安は、約4カ月とあります。これは、一日にシャワーを8分利用するとした場合の試算で、水の量としては8000リットルとのことです。

8000リットルといわれてもピンときませんが、マンションのユニットバスなら、湯船の量はだいたい200リットル程度なので、約40杯分というところですね。

ちなみに、タレントさんが五右衛門風呂としてドラム缶に貯めた風呂に入浴するシーンをたまに見かけますが、あのドラム缶は1本が200リットルです。

トレシャワーのスペックを見てみると、フィルターカートリッジの交換目安は5カ月とあります。こちらは、1日に80リットルを使用した場合とありますが、水の量は12000リットルまで残留塩素を除去することができるとあるので、クリンスイのスペックに比べると、1.5倍の寿命といえます。

なにより、浄水と原水を手元で切りかえることができるので、浄水を使うまでもない場合の使用時には、カートリッジの消耗を防ぐことができる点が気に入りました。

クリンスイのポット型浄水器はかなり以前から利用していて、このレビューにもある通り、ずいぶんと役立っています。

フィルターが使い捨てなので、交換するときにお遊びで麦茶や泥水を濾過させてみたことがあるのですが、完全に透明の水にろ過されて出てきたので、これはやっぱり値段分の効果があるんだろうなぁと思っていたのです。

いわゆる浄水器って、あやしい商品が多いもので、昔は水道管に磁石のようなものをくっつけて浄化するなんていう、科学的な根拠もクソもないような胡散臭い商品でいっぱいだったのですが、こうしたケミカル系の有名メーカーが製造販売しているフィルター型の浄水装置は、やはり効果もろ過性能も全然違うのだと思います。

で、クリンスイユーザーのわたしとしては、シャワーもクリンスイで統一したいところだったのですが、浄水と原水の切り替えができるコストパフォーマンスの差で、悩んだ末に、今回は東レのトレシャワーを購入することにしたのですが、実際の使い勝手や効果のほどは、一か月ほど使用してから、あらためてレビューしてみたいと思います。

追記:
トレシャワー、届きました。詳細はこちらで記載しています。







-D.I.Y., 生活用品

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.