セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー部

生活用品

ハーブの入浴剤、KNEIPP クナイプのバスソルト(ラベンダー)を買ってみた

投稿日:

入浴剤といえば、昔ながらの定番入浴剤のバスクリンや、炭酸ガスで有名な薬用バブなどがありますが、今回購入してみたのは、ハーブが配合されたクナイプという入浴剤。

クナイプのバスソルト

クナイプというメーカーは、1891年にドイツで創業されました。

セバスチャン・クナイプという自然療法の専門家が、自らの病である結核の療養として、ドナウ川で短時間の入水をかさねて克服したことから、健康を促進する水と、植物の力に着目して創業にいたったようです。

ホームページを見ても、入浴剤メーカーなのに規則正しい生活習慣を提唱するなど、ほかの入浴剤メーカーとは一線を画する感じです。

さて、そんなクナイプがシリーズラインナップとして持っているのが、この入浴剤シリーズ。
バスソルトという名称で、幅広い年代に愛用されているといいます。

日本では1985年から発売されていますが、ドイツで製造されているものの、日本向けに開発をされたものなのだとか。

特徴的なオシャレな外観のため、ドラッグストアなどでもよく見かけますが、850gで2500円程度と、一般的な入浴剤よりもかなり高級な部類です。

今回は、長らく続いていた咳を和らげたいのと、就寝中のリラックス効果を期待して、奮発してみることに。

ハーブやアロマの世界でも、それぞれの薬草にはそれぞれの効能があるとされいますが、今回はリラックス効果が高いとされている、ラベンダーを購入してみました。

開封すると、とてもさわやかな香りで、濃い感じがします。

マンションなどのユニットバスは、200リットル程度の湯船ですが、ふたに約1/4程度入れるとよいと書いてあるので、ざっと投げ入れてみます。

ラベンダーの濃い香りが浴室中に一気に広がり、まるでアロマをいっぱいにたいた部屋のように感じます。

入浴剤は、粉ではなくザラメ状になっていて、じわじわと溶けていきますが、少し硬めなので、溶けきる前に体重をかけるとかなり痛いので、十分にかき混ぜた方がいいでしょう。

また、お湯がそっぱいことも特徴。

さすが「バスソルト」だけあります。

浴室の扉を開けると、その香りがほかの部屋にも行き渡るほどの強さを持っているので、部屋全体にほんのりと香りが充満してとてもリラックスできます。

さすが、ほかの入浴剤より5倍くらい値段が高いだけはあるなと思いましたが、たまにはこうしたちょっとした贅沢も、いいもんですね。

で、クナイプの効果ですが、確かに安眠効果は高そうです。入浴しているわけで、そのほんわりとした香りがそのまま体に残り、布団のなかでもほのかに香ってとても穏やかな気持ちになれます。

このほか、クナイプのバスソルトには、安眠効果に特化した『クナイプ グーテナハト バスソルト ホップ&バレリアンの香り 』というものもありますが、ラベンダーの方が香り的には穏やかかもしれません。

好みの問題もあると思いますが、ラベンダーはなかなかの当たりでした。







-生活用品

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.