セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

Wimax

5秒で起動するWiMAX対応のモバイルWi-Fiルーター Mobile cube

投稿日:2011年12月29日 更新日:

下りが40Mbps、上りが10Mbpsと高速通信が魅力のWimaxですが、大きな注目を集めているのが、ネットワークコンサルティング社が12月に発売を開始したMobile cube(型名:IMW-C910W)というwimaxルーター。

縦67mm×横67mm×高さ14.2mm、重さ69グラムと軽量ながらも、連続通信時間10時間、同時に接続できる台数も8台と、すでに発売されている他社製品と引けを取らない仕様となっています。

このMobile cubeの最大の特徴は、電源オンからの起動がめちゃめちゃ早いこと。
スイッチをオンにして、5秒でスタンバイです。

Wimaxのルーターで一番人気のあるモデルは、NECアクセステクニカ株式会社から発売されているAtermWM3500R。高級感のあるスタイリッシュなデザインと、連続通信時間8時間という大容量バッテリーで、クレードルを併用することで有線LANとしても使えるなど、かゆいところに手の届く仕様となっており、Wimaxルーターの中では抜群の人気を誇っています。

しかし、唯一の不満点は、電源がオンにしてから、通信が可能になるまでは、1分くらい待たなければならないことです。

AtermWM3500Rに限らず、ほとんどのWimaxルーターは、しばらく接続していないと、自動的に電源が切れるようになっています。省電力のための機能なので、それはそれで良いのですが、出先でさっと使いたいと思ったとき、電源を入れてから接続が確立されるまでの間の1分は、ちょっと長く感じるものです。

その点このMobile cubeは、電源をオンにしてから5秒で接続が確立されることから、待ち時間がなく、さっと使いたいときにとても重宝します。

下記は、AtermWM3500Rとの起動時間の比較映像ですが、確かにかなり高速です。

付属品は、専用ACアダプターに、USBケーブル。

説明書には明記されていませんが、USBケーブルで接続した場合は、充電しながらPCとの直接接続が可能なので、Wi-fi経由での接続よりもさらに高速に安定した通信を行うことができます。

ただし、レビューにもあるように、説明書はペラ1枚しか入っていないため、お世辞にも初心者に優しい製品ではないようです。

機能的には必要十分なMobilecubeですが、そもそもWimax自体が若干、ネットワークやモバイル通信に詳しい人向けの製品となっているので、「管理画面にさえ入れれば、後はなんとでもできる」という人向けのデバイスだと思います。

にしても、とてもスタイリッシュなデザインだけでなく、大容量バッテリーに5秒の超速起動は、非常に魅力的な製品ですね。







-Wimax

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.