ベランダ設置型アンテナの選び方

手軽にできる地デジ対策として有効なベランダ用の小型アンテナを自分で設置したい方のための情報をまとめています。

地デジを見るためにまず欠かせないのが、地デジの電波を受信するためのアンテナ対策。

せっかく液晶テレビやプラズマテレビなどの地デジ対応テレビ、地デジ対応チューナーを購入しても、地デジを確実に受信できる環境を用意できなければ宝の持ち腐れです。

住んでいるエリアが地デジを受信できるエリアであっても、アンテナ設置などの基本的な地デジ対策ができていなければ、地デジ放送を見ることができません。

かといって、大がかりなアンテナ工事や、費用がかかるリフォーム工事などは避けたいものです。

そこで活躍するのが、会社から発売されているベランダ設置型アンテナです。

専門家による工事が必要な屋根用の地デジアンテナと違い、ベランダ用のアンテナは自分で取り付けができる点が最大の特徴ですが、価格が安くて簡単に設置ができる割に効果が高く、続々と設置成功レポートが報告されています。

リフォーム会社や電気工事店に地デジ対策を依頼すると10万円程度かかることも珍しくありませんが、自分で購入してきたベランダ用のアンテナを上手に設置することができれば、わずか3000円程度で地デジ化を行うことも十分可能です。

そのでこのホームページでは、地デジ対策の切り札としておすすめする「ベランダ設置型アンテナで地デジ対策する方法」を掲載しています。

ベランダ設置型アンテナの上手な選び方や、設置方法、人気ランキングなどをご紹介したいと思いますので、ご参考になれば幸いです。

ベランダ設置型アンテナとは?

ベランダ設置型アンテナとは、一戸建てやマンションなど、ベランダ部分の手すりなどに設置する、比較的小型の地デジ対応のアンテナの総称です。

CS放送やBSなどの小型のパラボラアンテナも、ベランダ用アンテナと呼ばれることがありますが、ここでは地デジを見るためのアンテナのことを中心にお話しします。

高速道路の近くや変電所の近くなど、電波状況のあまり良くないエリアでは、共聴アンテナが提供されていることがあります。しかし、そうした公共サービスが提供されていないエリアでは、自前で地デジ対策を行う必要があります。

けれども、屋根の上に設置する大掛かりなアンテナは、アンテナ代金はもちろんのこと、工事代金も大きな負担です。かといって、住宅の電気工事などの経験が無い素人が、自分で大掛かりなアンテナを設置することはまず不可能です。転落の危険も伴いますし、固定するワイヤー設置や足場の組み立てなど、日曜大工やDIY程度の経験では手も足も出ません。

かといって、手軽な室内アンテナを利用しても、なかなか十分な電波を受信することが難しいのが現実。携帯やカーナビなどのワンセグテレビ・ワンセグチューナーなら映るのに、地デジはうまく受信できないというのはよくあることです。

仮に受信ができたとしても、十分な電波強度が得られていないために、デジタルノイズやブロックが入ったりすることも多く、また人がアンテナの前を行き来したり、ブラインドを閉めたりする程度の動きでも電波が途絶えてしまうことがあります。

バッファローが販売する地デジ用のベランダアンテナその点、ベランダに設置するタイプのアンテナは、比較的小型で、素人でも設置も簡単な割に、屋外で利用するアンテナなので障害物による電波障害がおこりにくく、画質が安定しやすいことが特徴です。

特に、ブースターが内蔵されている室外アンテナであれば、住宅内に引き込んでも十分な電波強度を得られることが多いため、お手頃な価格で十分な地デジ対策をしたいという方には、ぴったりの選択肢です。

ベランダ用のアンテナは、安価に自前で対策ができる地デジ対策の切り札として注目されています。

家電メーカー、アンテナ専業メーカー、パソコン周辺機器メーカーなど、様々な業界がベランダ用アンテナ商戦に参入してきていますが、安定性や価格バランスなどによって、定番の商品が生まれつつあります。

ベランダ設置型アンテナのメリット

地デジへの対応方法には、大きく分けて4つあります。

1.地デジに対応したアンテナ購入&アンテナ工事をしてもらう
2.ベランダ用のアンテナを自前で設置する
3.室内アンテナを利用する
4.フレッツ光やケーブルテレビ会社のサービスを利用する

そこで、それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

1.地デジに対応したアンテナ購入&アンテナ工事をしてもらう方法

地デジの電波強度なども計測しながら設置することが一般的なので、一番確かな方法ですが、費用がかかることがネックです。アンテナ代金と工事代金の合計額の相場は10万円前後のところが多いようです。

ただし、マンションなどの共同住宅の場合は、勝手に工事を行うこともできないので、難しいことが挙げられます。

2.ベランダ設置型のアンテナを自前で設置する方法

受信できる電波の強度やベランダの向きなどにもよりますが、非常に安価に手軽に地デジ対策を行うことができます。アンテナの価格は、大きさやブースターのありなしなどによって様々ですが、取り付け金具込みで3,000円程度から販売されているので、もし近所の家がベランダ用アンテナを利用しているのなら、あなたの家でも利用できる可能性が非常に高くなります。

3.室内アンテナを利用する方法

マンションの高層階など、室内でも十分な電波を受信できる環境であれば、地デジ対策の手軽な方法として候補に挙げられるものです。価格も3000円程度からありますのでお手頃です。ただし、テレビと直結することになりますので、家中のテレビを一斉に地デジ対策したい場合や、レコーダーなどの複数の地デジ対応デバイスを利用しない場合には、向いていません。

4.フレッツ光やケーブルテレビ会社のサービスを利用する方法

フレッツ光やヤフー光などのブロードバンドサービスが提供している地デジ対策です。ケーブルテレビなども同種のサービスを提供しています。光経由で地デジ用のデータを、特殊なチューナー(セットトップボックス)で中継することで、地デジの視聴を可能にするものです。

ただし、当然のことながら月額費用がかかることが一番のネックです。天候に左右されない良好な受信環境を得られますが、地デジに対応していないテレビで地デジ対策をしたい場合や、電波の受信環境が悪い場所での利用以外は、あまりおすすめしません。

以上の様な対策方法があるわけですが、地デジ対策としてベランダ用アンテナを利用するメリットは、何といってもその手軽さと効果の高さです。

実際に設置することになるアンテナのサイズも、屋根の上に取り付けるアンテナに比べると非常に小さく、軽いことが特徴で、形状も重量も設置方法も様々です。

DXアンテナやマスプロアンテナなどのアンテナメーカーから市販されているベランダ用アンテナの大半は、専用の取り付けキットが付属していたり、専用の取り付けオプションが用意されています。

そのため、ベランダの形状や設置する場所に合わせて最適なものを選ぶことができます。

ただし、マンションやアパートなどの共同住宅の場合は、ベランダ部分が共用部分という扱いになっていて、勝手にアンテナを設置することを禁じていることがあります。その際は、マンションの管理組合などに相談してみるか、管理規約に記載されている事項の確認などが必要になります。

マンション自体が地デジ対策を行っていない場合は、それぞれの住民が自分で地デジ対策を行わなければならないので、もしも地デジ対策を行う予定が無いマンションの場合などの場合は、ベランダ用のアンテナの設置を認めてくれることが多いようです。

ベランダ設置型アンテナの取り付け方法

ベランダ設置型アンテナの取り付け方法は、非常に簡単です。

店頭やネット通販で販売されているベランダ用アンテナの形状や種類は色々ありますが、セット内容はほとんど同じです。アンテナ本体と、取り付け用の金具、そしてケーブルです。

取り付け用の金具が製品に同梱されているものと、必要に応じて買い足す別売り方式の2種類がありますが、どちらも取り付け方法は至って簡単です。

ベランダの手すり部分に金具をつけて、アンテナ本体を固定するだけです。

一戸建ての場合は、建物の屋外のどこかに必ずアンテナケーブルの引き込み口がありますので、今現在接続されているアナログ受信ケーブルと差し替えるだけで終わりです。

マンションの場合は、エアコンの配管などを利用してケーブルを引き込んでいることが多いようです。(ただし、マンションの規約には注意が必要です。)

設置する際に気をつけたいことは、アンテナの向きだけです。

いくら電波強度の強いエリアでも、アンテナを向ける方向が大幅にずれていると、テレビの視聴に耐えうるだけの電波強度が得られませんので、大まかに方向が決まった後は、テレビやチューナーのアンテナレベルを見ながら微調整が必要です。

多くの液晶テレビ・薄型テレビの設定画面には、電波強度をdbで表示する機能がありますので、その情報を見ながら向きを微調整していくのがいいでしょう。テレビの置いてある位置と、アンテナを設置する場所は離れていることがほとんどだと思いますので、携帯電話などを利用して、2人で協力して向きを決めていくのがよいと思います。

地デジの電波の受信強度は、テレビの設定画面で60db以上あればまず安定してテレビを楽しむことができますので、微調整をしながら60db以上になる向きを探してみてください。

もしテレビの視聴に耐えうるだけのアンテナレベルが得られない場合は、アンテナのブースターを利用することで解消できることがあります。

ベランダ設置型アンテナの人気ランキング

ベランダ設置型アンテナの人気機種地デジ対策に最適なベランダ設置型アンテナは、大別するとブースター付きのタイプと、電源不要のブースターなしのタイプに分けられます。

アンテナをテレビに直接つないだときはちゃんと映るけれど、家屋のアンテナ接続口(入力口)に接続したときは映らないという場合があります。

しかし、こればっかりは実際にやってみないと分からないことがほとんどです。

どの程度、電波が減衰してしまうかは、高価な計測器がないと分かりませんが、その計測器を買うくらいなら最初から業者に頼んだ方が安いということにもなりかねません。もし電波強度に不安がある場合は、ブースターが内蔵されているものか、オプションで後付けができるものを選んでおくと、安心です。

様々なメーカーからベランダ設置型アンテナが発売されていますが、わたしも使っている、もはや定番商品ともなりつつある人気のおすすめモデルをご紹介します。

バッファロー/BSATD02(実売価格2800円~)

パソコン周辺機器メーカーとして有名なバッファローが発売している、ベランダ設置型の地デジ用アンテナ、BSAT002です。

なぜかコクヨとバッファローの共同名義で販売されていますが、コクヨはオフィス用のドアや間仕切り、パーティションを製造しているメーカーでもあるので、おそらく何らかの技術供与があるのではないかと思います。

非常に低価格の商品にも関わらず、取り付けきっとやケーブルも付属しているので、電波の受信状況が良好なエリアでは、わずか3000円足らずで地デジの準備ができる点も嬉しいです。

バッファロー 室外用アンテナ BSATD02の詳しい説明

BSATD02は、パソコン周辺機器メーカーとして有名なバッファローが販売している、電源不要のベランダ用(室外用)アンテナです。

艶消しシルバーのシンプルなデザインや、サイズの小ささからも人気が高く、Amazonレビューでも設置成功例が寄せられています。

取り付けキット込みで実売価格3000円足らずと破格な値段にもかかわらず、必要十分な性能を兼ね備えているので、地デジの受信エリアで電波の受信環境が良い場所であれば、十分に役割を果たしてくれます。

ベランダ取り付けキット付きなので、ベランダに取り付けるための基本的な部品が全て揃っており、新たに追加部品を用意する必要がありません。

アンテナ設置業者に頼まなくても、自分で簡単にベランダ設置が可能です。

また、受信感度を調整出来る可動式アンテナなので、テレビの設定画面を確認しながら、よく映る角度にするといった調整が簡単に出来ます。

DXアンテナ/UAH800(実売価格7500円~)

国内のアンテナメーカーとして有名なDXアンテナが製造・販売している、非常に人気のある地上デジタル放送用平面アンテナ、UAH800です。

インターネットの大手通販サイト、アマゾンでのレビューも70以上と高評価で、続々と設置成功例が報告されている、もはや定番といっても過言ではないベランダ設置型アンテナです。

地上デジタル放送用平面アンテナとあるように、ベランダへの設置だけでなく、付属の専用スタンドで超強力な室内用アンテナとしても利用できるため、マンションなど、ベランダに設置でいない状況でも利用できる点が人気の秘密です。

DXアンテナ UAH800の詳しい説明

UAH800は、国内アンテナ製造メーカーとして有名なDXアンテナが販売している、非常に人気のあるベランダ用アンテナです。

ネット通販サイトでも、実売価格が7000円前後とお手頃。アマゾンでのレビューも70以上ある、ベランダ用アンテナとしては、もはや定番といっても過言ではない室外用アンテナです。

付属のスタンドを利用することで、少し大きめの室内用アンテナとしても利用することができますので、屋外での設置が難しい集合住宅やマンションなどでの選択肢としても人気があります。

サイドフィン型スロットアンテナというユニークな形状なので、薄型でコンパクトですが、高利得の20素子アンテナ相当の威力があります。色も、ホワイト、ブラック、茶と3種類揃っていて、いかにもアンテナという形状ではないため、室内に設置しても美観を損ねないところも優れています。

比較的、電波の受信環境が良いエリアに住んでいて、どれを買ってよいのか迷うという場合は、迷わずこれを選択するとよいでしょう。

DXアンテナ/UAD1800(実売価格10000円~)

国内のアンテナメーカーとして有名なDXアンテナが製造・販売している、人気のある地上デジタル放送用平面アンテナ、UAD1800です。

UAH800とデザインや内容はまったく同じですが、このUAD1800は、最初からブースター(単品で買うと5000円前後)が内蔵されているため、別々に購入するよりもお値打ちです。

いかにもアンテナといった形状ではないため、外観のデザインもおすすめの要素ですが、電波の受信状況があまり良くないエリアや、屋内配線によって電波が減衰しそうな方、テレビの台数が多い方などにおすすめです。

DXアンテナ UAD1800の詳しい説明

UAD1800は、DXアンテナが発売している、室外用アンテナの人気モデルです。

定番商品として高い評価を受けているUAH800の弱点を克服した、パワーアップ版といっていいモデルです。

UAH800では別売りとなっていたブースターが最初から内臓されているので、UAH800にブースターを後付けするよりもコストが安く済みます。

機能やサイズなどはほとんど変わりませんので、もし電波強度に少し不安があるという場合や、テレビの台数が4台以上など電波のロスが見込まれる場合は、こちらのUAD1800を選択するとよいでしょう。

こちらのモデルも、ベランダ設置の際に必要な金具類や、室内設置用の専用スタンドが付属していますので、別途オプション品を買い求める必要がありません。

現時点では、おそらく最良のベランダ設置型アンテナだといえるでしょう。

ベランダ設置型アンテナのブースター

ブースターの一例ベランダ用のアンテナを設置しても、地域や電波塔の距離、アンテナの向きなどの問題で、十分な受信感度を確保できないことがあります。

多くの薄型テレビや地デジチューナーでは、現在どの程度電波強度が得られているのかを表示できるメニューがあるはずです。アンテナ設定画面や、アンテナレベルなどの名称で用意されていることが多いので、一度確認してみてください。

業務用の電界強度計などもありますが、一階の設置のために何万円もする業務用機器を買うのは得策ではありませんので、ここでは割愛しますが、テレビのアンテナレベルは一般的に60dbくらいあれば、安定しているといわれます。

もしも40デジベル程度しかアンテナレベルがない場合は、ブロックノイズが生じたり、英ア王が移らなかったりしますので、アンテナ線からの信号を増幅してあげる必要があります。

この、信号増幅してくれる機器を、アンテナブースターです。

おすすめは、DXアンテナから発売されているBU33L1という機種です。

地デジ放送専用(UHF専用)となるため、実売価格5000円程度と低価格に抑えられていますが、性能はピカイチ。それもそのはずで、もともとの定価は13000円と、この種のブースターにしては結構高価な部類に入ります。ところが、インターネット通販の総合ショップAmazonでは8000円近くオフとなることもあるため、5000円台で購入できるタイミングが買い時だといえます。(実をいうと、アマゾンの価格は在庫や売れ行きなどによって、毎日価格が変動しています。)

このブースターを、ベランダアンテナとテレビの間にかませることによって、減衰してしまった信号を大幅に増幅させることが可能になります。

地デジ用のブースターは、当たり外れが大きく、値段が高いからと言って良好な結果を得られるとは限らない点が難しいところですが、このBU33L1は、DXアンテナ製品との相性が非常に良いようです。

当方の環境では、当初30デジベル程度しかアンテナレベルが得られず、まともに映らないチャンネルもあったのですが、このブースターをかませることによってアンテナレベルが58デジベルまで向上しました。

アンテナレベルがゼロという場合だと、このブースターをかませても効果が薄いのですが、少しでもアンテナレベルが反応するエリアなら、大幅なアンテナレベル向上を見込むことができます。

地デジチューナーで安価に地デジ対策

2011年7月24日を境に、地デジ化への完全移行が開始されました。当日は大きな混乱はなかったようですが、大手家電量販店やホームセンターなどでは、テレビを買い求めるお客さんのほか、アンテナ部材、ベランダ設置型アンテナなど、地デジ対策グッズを買い求める方のギリギリの駆け込み需要で賑わっていました。

さて、9割方の世帯で地デジ対策が完了しているとの報告もありますが、家のテレビが複数台あるという家庭も珍しくありません。うしたアナログテレビをすべて薄型テレビに買い替えるというのはなかなか経済的にも大変です。

そこで活躍するのが、地デジチューナーです。テレビの地デジ対策には、地デジに対応した電波を受信するためのアンテナ設置のほか、テレビ本体も地デジ放送に対応させる必要がありますが、地デジチューナーだけを追加することで、今までのテレビをそのまま使い続けることができます。

テレビ本体に外部入力端子が付いていることが条件ですが、もしテレビ側がそういった入力端子をもっているものであれば、地デジチューナーを購入するだけで、地デジ対策をすることができます。

おすすめは、PC周辺機器として超有名企業でもあるバッファローから発売されている「DTV-S110」という機種です。地デジチューナーとして機能を限定したことにより、実売価格4000円程度ながら使い勝手の良いリモコンも付属していることから、手軽に安価に地デジ対策をしたい方から絶大な支持を受けています。

ただ、この駆け込み需要に乗じて、本来は3000円~5000円程度の品物にもかかわらず、15000円近い根付けを行っている販売者が多数いるようです。地デジ移行前には安価な地デジチューナーとして人気の高かったDTV-S110でしたが、2011/07/24現在、相場の5倍近い価格で販売されている様子をみると、ちょっとなぁという気がしないでもありません。

ここまでの価格を出すのであれば、DTV-S110に録画機能が内蔵されたDVR-1シリーズなどを購入した方が絶対に得です。

録画機能付き地デジチューナー、バッファローのDVR-1で地デジ対策

地デジに対応する方法として、テレビを買い換えるのもよいのですが、今使っているテレビを活用しタイとなった場合、役立つアイテムが地デジチューナーです。

ただ、せっかく地デジチューナーを購入するのなら、録画機能付きのものも非常に便利です。

値段が安く、使い方が簡単でシンプルな機種を求めている場合は、バッファローの録画機能付き地デジチューナーがイチオシです。

パナソニックや東芝といった有名家電メーカーの録画機能付き地デジチューナーの場合、非常に多機能で使い勝手も決して悪くないのですが、価格が3万円以上することが多く、なかなか手軽に録画環境をそろえることができません。

その点、パソコン周辺機器メーカーとして有名なバッファロー製のDVR-1シリーズは、良くも悪くも非常にシンプルな作りとなっているため、価格も15000円を切る実売価格。

地デジチューナーに1万円程度をプラスするだけで、録画環境を手に入れることができる点が嬉しいです。

本体も非常に小さく、接続するケーブル類も電源、アンテナケーブル、外部出力端子だけと非常に簡単なので、誰でも簡単にセットアップを完了させることができます。

マンションでベランダ設置型アンテナを使うときの注意点

最近のマンションや、管理が行き届いた分譲マンションなどの場合は、建物全体が地デジ対策済みであることが多いのですが、問題なのは、古い共同住宅や、管理の行き届いていないマンションなどで、地デジ対策が行われていないケースです。

こうした場合にも効果を発揮してくれるものが、ベランダ用の地デジアンテナですが、注意すべき点がひとつあります。それは、一般的なマンションでは、ベランダ部分が共用施設扱いになっていることです。

つまり、勝手にアンテナやケーブルを引き込むことが禁じられていることがあるということです。

もともとベランダ部分は、火災や天災などの場合の非常ルートとして設定されていることが多く、エアコンなどのあらかじめ設置が認められたもの以外を設置することは禁じられています。

もちろん、物干しざおや、移動が速やかに行える小物類を置いておくことに問題はないのですが、物置や洗濯機などの「移動が困難なもの」をベランダに設置したり放置したりすることは、区分所有法という法律や、管理規約によって禁じられていることがほとんどです。

それは、たとえ小型のベランダ用アンテナであっても同じで、住人の判断によって勝手に設置することは規約違反となる可能性が高く、あまりおすすめできるものではありません。

ただし、建物自体を地デジ化してくれないことは、住民にとって不利益となるため、大家さんとの取り決めや、規約の変更などによって設置が認められるケースが多々あります。

もちろん、火災時の消火活動や、避難ルートに支障が出るような設置の仕方はNGですが、もともとコンパクトな設計が多い地デジ用のベランダ設置型アンテナなら、事前にしっかりと確認をしておくだけで認めてもらえるケースが多いようですので、もしマンション自体が地デジに対応していないようであれば、交渉してみるのも一考です。

地デジを使った悪徳商法について

地デジをうたった悪徳商法が増えているようです。2011年7月24日のアナログ放送終了間際には、お年寄りや主婦などを狙った地デジ詐欺や、悪質な訪問営業が急増して社会問題にもなりましたが、地デジに完全移行した現在も、お年寄りを狙った強引な訪問販売が後を絶たないようです。

具体的には、アンテナ工事業者を装って訪問し、前金だけ受け取って実際には何の工事もやらないケースや、公的機関を装って地デジ対応の申込み代金等を指定口座に振り込ませようとするもの、電話で工事の勧誘や工事代金の振り込みの要求等を行うものなど、さまざまなパターンがあります。

もちろん、ベランダ用のアンテナとて、例外ではありません。「手軽に見られるようになるので、今すぐ工事します」などと言われた場合でも、その場では契約せずに、その価格や施工内容が妥当なものなのか、良く検討してみましょう。

そもそも国や放送事業者が一般家庭から代金を請求するようなことがないため、怪しいと感じた場合は、その場で契約や家に招き入れるなどの行為を避けてもらうだけで、ずいぶんと冷静な判断が出きるものです。

こうした地デジ詐欺は、消防署の消火器や火災報知機の訪問販売と同様、不当に高額な金額を請求されることがほとんどですが、こうした工事代金の相場や、アンテナなどの機器の相場を知っていれば、避けられることばかりでもあります。

地デジアンテナ関連の工事だけではなく、地デジチューナーや地デジテレビなどを商材として詐欺、悪徳商法などもありますので、ぜひ気をつけるようにしましょう。

運転免許証など身分を確認できるもので名前・住所・免許番号などをメモする。
頼んでいない要件や知らない要件・一方的な要件は断る。
どんな要求をされても、自分の判断でお金は払わない。
部屋に上がらせない。

不審者と思ったら、躊躇なく110番をするなどを徹底するようにしましょう。