セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

セノビック

セノビックだけじゃない? いま話題の成長期向けサプリまとめ

投稿日:2018年3月12日 更新日:


わたしが自分の娘(当時は幼稚園児)にセノビックを飲ませ始めたのは2011年頃でしたが、当時は「子供の身長を伸ばすために」というコンセプトでつくられた健康補助食品は、ほとんど存在していませんでした。

そんななか、子どもの身長に伸び悩みを感じている親心をつかんだセノビックは、まさに独り勝ち状態だったのです。(後に、同社の株価を左右するほどの大ヒット商品となりました。)

あまり知られていませんが、じつは、セノビックは2007年から発売されていました。

セノビック

上記は当時の旧パッケージ写真ですが、発売当初は九州地方限定で店頭販売されており、現在のようなネット通販は始まったのは、ずいぶん後になってからだったのです。

ところが、2014年前後を境に、スポーツ業界、製薬業界、健康食品業界、製菓業界、バレエ業界など、さまざまな異業種から成長期向けサプリ市場への参入が相次ぎました。

その結果、現在では多様なメーカーから様々なコンセプトをもつ製品が誕生することになりました。

セノビックは現在でも優れた栄養補助食品のひとつであり、成長期向けサプリ市場のオピニオンリーダー的な存在です。

しかしながら、成長期向けの健康食品市場が急拡大したとことで、現在では用途や年齢、目的別にカテゴライズされた製品もたくさん存在します。

たしかに牛乳を飲むことに抵抗がなく、なおかつ幼稚園児~小学4年生くらいまでのお子さんにとっては、セノビックは優れた選択肢です。

ところが、小学校も高学年になってくると、少しずつ事情が変わってきます。

生活環境の変化によって睡眠時間も短くなってきますし、身体にも様々な変化が現れはじめます。

たとえば、声変りや初潮などの生理現象も起こります。

クラブ活動や受験勉強なども、生活環境に大きな変化を及ぼします。

そうすると、身体が求める栄養素も変わってくるものです。

幼稚園や小学低学年に適切だったサプリが、中学生・高校生にとっても最適なサプリだとは限りません。

ボディビルダーが飲むプロテインと、スポーツジムに通い始めたばかりの初心者が飲むプロテインが同じでよいはずがないように、幼稚園児と高校1年生が同じサプリでよいはずがないからです。

たとえば、アスリート志望とまではいかなくとも、リトルリーグや少年サッカーなどでハードな運動をしていたり、女の子で生理が始まっていたりする場合などは、身体が必要とする栄養素も変わっていきます。

また、中間テストや期末テスト、受験勉強などで十分な睡眠がとれないために成長ホルモンの分泌が滞りがちになってしまった場合や、成長期後半であまり時間の猶予がないというケースもあるでしょう。

セノビックはオーソドックスな成分構成なので、全世代向け(オールマイティ)ともいえますが、そのぶんハードなスポーツを行っている子供や、成長後期の身体には物足りないと感じる部分があることもたしかです。

また、牛乳そのものが苦手だという場合や、とくに女の子の場合だと「必要以上にカロリーを採りたくない」といった事情も出てくるはずです。

そこで、2011年から長年にわたってセノビックをはじめとする身長サプリに触れてきたわたしが、目的別や年齢別に整理しました。

セノビックのように牛乳に溶かすタイプ、ポカリスエットやアクエリアスのように水に溶かす顆粒タイプ、水で服用する錠剤タイプ、フリスクやトローチのように噛んだり舐めたりするタブレットタイプ、グミのようなお菓子タイプ、カプセルタイプ、特定の競技に特化して開発されたタイプなど、ほんとうに様々な製品があります。

モニターとしてお声掛けいただく機会も多かったため、この5年の間に様々な製品に触れてきましたが、成長期向けサプリを選ぶポイントは、たった1つしかありません。

それは、

「摂取したいと思う成分が入っているかどうか?」

です。

身体によいとされている食べ物が持つ栄養素や成分を、効率よく手軽に摂取できるようにした加工食品だからこそ、サプライ(=補給する)が転じてのサプリです。

いいかえれば、「じっさいには食べていないのに、その食品を食べたことにしてくれる代替品」という考え方でつくられた食品が健康食品です。

たとえば、「背を伸ばしたいからカルシウムをたくさん摂取したい。だから1日にめざしを30匹食べよう」と思っても、なかなかできることではありませんよね。

だからこそ、めざしを30匹食べたことにしてくれる食品として、健康補助食品が存在します。

いわば、代用食品といってもいいかもしれません。

よって、成長期向けの健康食品では、配合されている成分や形状、飲み方を手がかりにして、「どんな人を対象に、どういう狙いがあって開発された製品なのか」を見抜くことが重要です。

そして、あなた(お子さん)がその成分を摂取したいかどうかをしっかり判断する必要があります。

お子さんにとって成長期は、長い人生の序章にすぎませんが、成長期向けサプリを摂取することに意味のある期間(身体が成長に伸びシロが存在しうる期間)は、人生の「ほんのわずかな期間」しかありません。

だからこそ、あなたのお子さんが最大限の結果が残せるであろう製品を選びました。(類似商品をふくめると、現在は100種類以上もの成長期向けサプリが存在しています)

ただし、掲載している製品にランキング(順位づけ)は行っていません。

すべての製品が同一価格ならまだしも、特定の成分の有無や含有量だけを材料にして順位付けするわけにもいきませんし、そもそも体質や目的、年齢、性別によっても、最適な製品は変わってくるはずだからです。

たくさんの選択肢があるということは、それだけあなたのお子さんにピッタリな製品が存在する確率が上がるということでもあります。

それぞれの製品の特長をよく吟味していただき、あなたやあなたのお子さんが後悔しないように、ピッタリな製品を選んであげてください。

セノビー(幼児~小学校低学年向け+保護者)

森永製菓が製造販売を手掛ける通販専用商品。

森永製菓のセノビー

1919年に日本国内で初めてココアを販売した森永らしく、ココア風ドリンクではなく、本物のココアであることが特徴。

そのため、非常に味がよく、飲みやすくて続けやすいと保護者から好評です。

じっさい、非常に味がいいので(本物のココアだから当然かもしれませんが)、わたしを含め、保護者(お母さん)もいっしょに飲んでいるという声も目立ちます。

多くの製品がココア味を演出するためにココアパウダーを使っているなか、セノビーは本物のココアが採用されているため、ココア本来がもっている栄養素が摂取できる点も大きな特徴。

また、カルシウムの含有量もセノビック(250mg)の約3倍となる700mgを配合していることから、カルシウム系サプリにおいてはトップクラス。

カルシウムの吸収を助けるビタミンDのほか、セノビックのオリゴミルに相当するシールド乳酸菌M1(森永製菓の独自成分)や、ビフィズス菌などの善玉菌のエネルギー源になる成分で、なおかつ眠りの質を向上させる働きも期待できるとされているミルクオリゴ糖まで配合するなど、後発製品ならではの工夫が随所に見られます。

特筆すべきは、価格が非常に安いこと。

定価でも1728円(一カ月分)と安価なのですが、定期購入を行うことで1555円で購入することができるうえ、初回は1382円で購入できるため、圧倒的な価格優位性を誇ります。

また、定期購入の回数制約が一切ないため、初回で解約することも可能。

ココアへの並々ならぬプライドをもった森永が、総力を結集して開発したサプリだけあって、価格・栄養価・性能のすべてにおいてセノビックを上回っている上位互換製品といえます。

セノビーについては、こちらでくわしい解説を行ってますので、参考になれば幸いです。

セノビー(森永製菓)公式サイトはこちら


セノビック(幼児~小学校低学年向け)

ロート製薬が製造・販売を手掛ける、牛乳に溶かして飲むタイプの成長期向けサプリです。
セノビックの旧パッケージと、新パッケージ。内容量の違い以外の差はない
言わずとしてた身長サプリ業界の王者であり、現在の成長期向けサプリ市場を切り開いたオピニオンリーダーともいえます。

骨の素となるカルシウム、吸収効率を向上させるビタミンD、成長促進効果をもつボーンペップの3成分で一躍「背を伸ばすサプリ」として話題になりました。

そのあまりに人気ぶりから、2011年12月には「背が伸びる効果があると誤解される」との理由で、日本小児内分泌学会から商品名の訂正を求められる騒動が起きたほど。

現在は5種類のフレーバーが存在していますが、ホットでもアイスでも使える汎用性の高さと、栄養成分からすれば、ミルクココア味が最良の選択となります。(ミルクココア味にのみオリゴミルが配合されているため)

ただし、飲みやすさとトレードオフの関係にある甘さがしつこく感じられるようになってくることと、身体が大きくなってくる中学生や高校生にとってはセノビックだけでは十分な栄養素が得られなくなってくるため、目的や状況に応じてそのほかの機能性サプリに乗り換えるケース(卒業するケース)が多いようです。

現在の身長サプリ市場を作ったといっても過言ではないオーソドックスな製品なので、「いまはまだとくに心配はしていないけれど、将来のために何か体にいいものを与えてあげたい」と考えている幼稚園児・小学校低学年のお父さんお母さんには、最適な選択だと言えます。

セノビックの公式販売サイトはこちら


ノビルン(小学校高学年~中高生向け)

高光製薬が製造販売を手掛ける、タブレットタイプのサプリです。

ノビルン

味・価格・バランスの良さが受けて、一時期は入手困難となったほどの人気商品です。

最後発製品だけあって、含まれている成分バランスの素晴らしさは特筆モノ。

骨の素となるカルシウム、カルシウムの働きを助けるマグネシウム、成長を促進するボーンペップに加え、ビタミンD、ビタミンB6、ビタミンK、タンパク質を含有。

ノビルンの栄養価

さらに、成長期向けサプリとしてはたいへん珍しいアルギニンとα-GPCの両方ともが含有されているほか、1970年代から健康食品の素材として知られているスピルリナ(藻類)も配合されています。

セノビックの上位互換または大人版ともいえる製品です。

アルギニンもα-GPCも、就寝中の成長ホルモンの分泌を促進させる働きが期待できる成分ですが、とくにα-GPCは医療分野でも利用される原料であることから、睡眠不足になりがちな忙しい中高生に最適とされています。

ちなみにスピルリナは現在でもスーパーフードとしても知られていますが、ユーグレナ(ミドリムシ)が登場する以前から重用されてきた天然由来の素材でもあり、国連でも安全性や栄養価の高さが認められて食糧問題を救う材料として注目されているほどです。

・含有栄養素がほぼパーフェクト
・アルギニンもα-GPCも両方入っているのは非常に珍しい
・携帯しやすいので中高生に持たせやすい
・牛乳がいらないので不要なカロリーを取らずに済む
・価格が安い

など、先発製品のいいとこどりをした製品ですが、注意点としては1粒が大きめ(明治のヨーグレットくらいのサイズ)のタブレットタイプなので、のどに詰まらせる可能性のある幼児や小学校低学年には向いていないことだけは注意が必要です。

ノビルンはサイズがデカい

ノビルンについてはさらにくわしいレビューを行ってますので、参考になれば幸いです。

一時期は品薄のため入手困難になったほどの人気商品ですが、現在は在庫不足が解消され、公式サイトでは先着300名に大幅な初回購入割引が実施されています。牛乳に溶かして飲むタイプが苦手だという場合は、真っ先に試してみるだけの価値はあると思います。


⇒ノビルンの公式サイトに移動する


カラダアルファ(中学生~高校生・アスリート向け)

RSLジャパンが製造を手掛ける、成長期の中期~後期(13歳~19歳)向けに開発された錠剤型サプリです。

錠剤タイプのカラダアルファ

カルシウムはあくまでも栄養素のひとつという扱いで、鉄、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、リン、亜鉛、イオウ、クロムなどのミネラルのほか、ロイシンなどのアミノ酸、β-カロテン、ビタミンB1、B2などのビタミンが配合されているため、マルチビタミンやマルチミネラルなどのサプリの機能を兼ねています。(食品でいえば、牛乳、ほうれん草、ニンジン、鳥レバー、ごぼう、豆腐、牛ひき肉、豚肉、麦芽米などを食べたことにしてくれるようなもの)

身体の成長に必役立つ可能性のある成分をすべて詰め込んでみたといわんばかりの内容で、カルシウム補助食品というよりは、むしろ完全栄養食に近い内容になっています。

薬のように水で飲む錠剤タイプなので、余計なカロリーを摂取しなくても良い点も評価が高く、有名アスリートの愛用者も多いことが特徴。

そのため、少年野球、サッカー、バレーボール、アイススケート、フィギュアスケートなど、本格的なスポーツをさせている保護者の間でも支持が厚く、スポーツチームによるまとめ買いも多い製品です。

1粒あたりのサイズが一般的な大人向けの錠剤よりひとまわり小さなサイズ(直径8mm×高さ4.5mm)になっているので、1粒単位の飲みづらさは感じないものの、飲む錠数が多いため小学校低学年にはちょっと辛いです。

牛乳を必要とせず、余分な糖分も含まれていないため、余計なカロリーを取らずに済むことから、読者モデルを職業モデルを目指す女の子の間にも人気が高いそうです。

⇒カラダアルファ公式サイトに移動する


フィジカルB(小学校低学年~中学生向け)

ランフォルセが製造販売を手掛ける伸長サプリですが、カラダアルファと違って、こちらは水に溶かして飲むタイプです。
フィジカルB

魚の骨を焼却して生成されたカルシウムをベースに、藻類スピルリナや、成長ホルモンの分泌効率を高めるアルギニン、マグネシウム、アミノ酸など、完全栄養食としての完成度が高められています。

内容的には、先に挙げたカラダアルファとほとんど変わりませんが、小さな子供だと錠剤が苦手というケースも多いと思います。

よって、「できる限り栄養価の高いものを選びたいが、飲みやすさも重視したい」という保護者の間で、カラダアルファの代替製品として選択されることもあります。

フィジカルB

意外と知られていませんが、福岡は通信販売の聖地とも呼ばれるエリアで、キューサイ、やずや、ジャパネットたかだ、トーカ堂、茶のしずくなど、名だたる通販会社の本社があります。

いわば、通販ビジネスのシリコンバレーのようなエリアでもあるのですが、それゆえに競争が激しく、相当な企業努力をしなければ生き残れないエリアともいえます。

フィジカルBのメーカーであるランフォルセも福岡の会社ですが、あまり広告上手でないのか、知名度は低めで、なおかつホームページも泥臭いのですが、その分余計な広告宣伝費を使っていないことに好感が持てます。

じっさい、栄養素の多さ×価格というコストパフォーマンスを最優先にするなら、最高ランクに位置づけられる内容です。

見た目は青汁のようですが、じっさいの味はフルーツ味のため、意外と飲みやすかったです。運動をあまり好まず、なおかつ好き嫌いが多いというお子さん7歳~中学生くらい)には最適な選択肢です。

⇒フィジカルBの公式サイトはこちら


アルファGPCスーパー(成長ホルモン)

クラウディアが製造・販売を手掛ける、カプセルタイプの伸長サプリです。

カルシウムや栄養補給を主眼においたその他のサプリと違い、成長ホルモンの分泌の促進を目的とした製品です。

アルファGPCスーパー

おそらくまだ日本でこの製品や成分のことを詳しく知っている人の数は少ないと思います。

α-GPCは、大豆レシチンからつくられる「グリセロホスホコリン」という成分で、コリンと呼ばれるリン脂質物質のひとつ。

記憶力の向上や脂質の代謝を促す効果があるとされていることから、アルツハイマーの治療に使われたり、学習機能(記憶)の向上に使われることもある成分です。

認知症改善、学習能向上、ストレスホルモン分泌抑制のほか、成長ホルモン分泌促進、肝機能障害改善、血圧低下作用、競技パフォーマンス向上、感染時免疫能・傷害時修復能向上など、様々な効果が期待されている成分です。

海外では古くからコリンを摂取するための素材として、サプリや医薬品に使用されてきた素材のなのですが、つい最近になって法改正が行われ、日本でも新たな食品成分として認められました。

アルファGPCスーパーは、このα-GPCを400mg摂取できることが最大の特徴です。

身長サプリというよりは、ふだん摂取している食べ物の栄養素をより効率的に吸収させるための、成長促進剤といったほうが実像に近いかもしれません。

つまり、栄養不足が原因による成長の遅れではなく、成長ホルモンの分泌状態に原因があって伸び悩んでいるというケースに最適なのです。

とくに好き嫌いもなく、運動もしていて、睡眠時間も確保できているのに、どうも成長に後れを感じるという場合や、すでに成長期向けサプリを飲んでいるのにあまり効果が感じられないという場合に利用すると、高い相乗効果が期待できます。

日本のサプリは健康食品というイメージがありますが、海外のサプリは、薬のようなイメージをもたれることが多いのです。

そのため、サプリの先進国であるアメリカのサプリは、残留物や不純物の検査や溶け方にいたるまで、日本とは比べ物にならない厳しい基準が存在しています。

このアルファGPCスーパーも、GPCを体内に入れるためだけに存在するようなサプリなので、どことなく海外サプリのような印象を受けました。

じっさいアメリカでも販売されていて、1箱の価格は65ドル(約7000円)となっています。

アルファGPC

もともとサプリという考え方自体がアメリカ発祥なので、子ども向けサプリ市場においても海外の方がはるかに進んでいますが、日本市場向けのホームページの印象があまりにも垢抜けていないので、かえって損をしているんじゃないかと思います。

ちなみにアルファGPCという成分がもつ効果については、2010年ごろにNHKの人気番組でも取り上げられたことがあり、それ以来、根強い人気がありますが、目だった広告宣伝が行われていないこともあって、セノビックやアスミールなどと比べるとマイナーな存在です。

累計販売箱数は15万個と、セノビックの1000万袋レベルから見れば見劣りしてしまう販売実績ですが、同じく成長ホルモンの分泌を促進するとされているアルギニンに比べてGPCの原料自体が高価なため、サプリとして採用・製品化されている例が少ないのです。

そのほかの成長期向けサプリとは異質の存在であり、摂取目的がはっきりとしているので、十分な運動や睡眠をさせているはずなのに、いまひとつ成長が遅いといった悩みを持っている場合には試す価値(併用する価値)が大きい製品です。

なお、アルファGPCについてのより詳しい解説はこちらでも行っていますので、参考になれば幸いです。

⇒アルファGPCスーパーの公式サイトはこちら


ドクターセノビル(小学校高学年~高校生向け)

フィジカルBと同様に、牛乳ではなく水に溶かして飲むタイプのサプリ。
ドクターセノビル
酸味のないグレープフルーツ味に調整されているので、セノビックやアスミールのような甘ったるさを嫌い始める小学校高学年~中学生男子の間で支持されています。

また、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンの含有量が5000mgと高濃度なので、成長期の終了間際に即効性を求めて高校生が買い求めるケースが多いようです。

ちなみに水に溶かして飲むと味が薄すぎて「みかん水」みたいな頼りない味になるので、炭酸水で割って飲むことをおすすめします。

⇒ドクターセノビルの公式サイトに移動する


アスミール(幼児~小学校低学年向け)

セノビック同様、牛乳に溶かして飲むタイプのココア味飲料です。

アスミール

飲ませ方や作り方、味、対象年齢まで真っ向から対決している製品同士ということもあり、セノビックと比較されやすい傾向がありますが、後発製品ならではの工夫が見られます。

大きな違いは、由来の異なる3種類のカルシウムを採用している点と、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンを配合している点です。

そのため、セノビックで効果が感じられなかったユーザーの乗り換え先として手にされることも多いです。

また、セノビックが1日に2回飲むことを推奨されているのに対し、アスミールは1回でよいという違いもあります。

含まれている栄養素の内容や費用対効果からすると、(セノビックの愛飲ユーザーとしては悔しいものの)正直言ってアスミールに軍配が上がります。

当時はアスミールのような上位互換製品が存在しなかったという事情もありますが、ブランドネームを優先するならセノビック、費用対効果を優先するならアスミールという考え方で問題ないと思います。

なお、アスミールのよりくわしい説明は、アスミールとセノビックの違いにまとめてありますので、幼稚園~小学校低学年くらいのお子さんを対象に成長期向けサプリを探している場合は、参考にしていただければ嬉しいです。

なお、アスミールは現在、初回限定で500円という破格のキャンペーンを行っています。

ひとまず試してみたいという人にもピッタリだと思います。

⇒アスミール公式サイトに移動する


カルシウムグラノーラ(バレリーナ向け)

バレエジャポンが製造販売を手掛ける、バレリーナ(女の子)のために開発されたといっても過言ではない製品です。
カルシウムグラノーラ
優雅に見えるバレエの世界ですが、じつはバレリーナの運動量はボクシングや格闘技ほどの運動量があります。おまけに太ってはいけないという事情があります。

よって、決して女の子向けという商品ではなく、「激しく運動をするけれど、それが筋肉であろうとも太るわけにはいかない」という特殊な事情を持った人向けの製品なのです。
カルシウムグラノーラ
よく見かける牛乳に溶かして飲むタイプですが、「飲むシリアル飲料」と銘打たれているとおり、他社の製品とはかなり趣が違います。

カルシウム300mgに鉄分3mgが配合されている点はそのほかのサプリと似ていますが、17種類の雑穀がブレンドされているのです。

コンフレークやグラノーラを砕いて牛乳に入れるような感じなので、ソイジョイなどのようなシリアルバーを飲む感覚に近いです。

また、アルファGPCスーパー同様、成長ホルモンの分泌を促すGPCが配合されている点も、そのほかの製品とコンセプトが違うことが判ると思います。

オールジャパンバレエユニオンコンクールへの協賛も行っていることから、現役のバレリーナや、バレエ専門トレーナーからの推奨の声が多い点もユニークです。

ほかの商品と違って、どことなく上品でセレブな雰囲気がするのは、クラシックバレエというイメージからくるものなのかもしれませんが、あなたのお子さんが現役バレリーナなのであれば、コレ一択となります。

⇒カルシウムグラノーラ公式サイトに移動する


贅沢のびるんるん(アレルギー体質向け)

Slim9が製造・販売を手掛ける、タブレット型の伸長サプリです。

最大の特徴は、「アレルギーフリー(アレルギー27品目を配合していない)」という点。

贅沢のびるんるん

牛乳アレルギーや卵アレルギーなどの傾向をもつお子さんの親御さんにとっては、実質的にこの製品しか選択肢がないといえます。

アレルギー体質向けというニッチな分野なので、身長サプリのヘビーユーザーの間でもあまり馴染みがない製品ですが、日本・アメリカ・フランスの3カ国で楽天「栄養食品部門」のウィクリーランキングやデイリーランキング1位を獲得した実績もあります。

⇒贅沢のびるんるん公式サイトはこちら

本ページで紹介した伸長サプリの公式サイトの一覧まとめ

最後に、本ページで紹介した伸長サプリの一覧をまとめておきます。

ぜひ、あなたのお子さんにピッタリの製品を見つけてあげてください。

⇒本物のココアをつかったコスパ最強の森永製菓セノビー

⇒身長サプリブームの立役者 ロート製薬セノビック

⇒中高生に人気のタブレットタイプ 高光製薬のノビルン

⇒アスリート志望者向けの錠剤タイプ カラダアルファ

⇒カラダアルファのドリンク版 フィジカルB

⇒成長ホルモンの分泌に特化したサプリ アルファGPCスーパー

⇒アルギニンを高濃度に配合した ドクターセノビル

⇒小倉優子さんがイメージキャラを務める アスミール

⇒バレリーナ専用サプリ カルシウムグラノーラ

アレルギー体質向けのサプリ 贅沢のびるんるん

-セノビック
-

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.