セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー部

通信費節約

フレッツ光のプロバイダをASAHIネットに乗り換えてみたときの設定手順

投稿日:2013年8月2日 更新日:

フレッツ光回線を利用していますが、プロバイダの乗り換えをしました。

現在、フレッツ光を利用しています(いました)。

入会当時に3万円のキャッシュバックキャンペーンが行われていたため、ビッグローブで光回線を入会したのですが、10か月以上利用したことで、ビッグローブから無事にキャッシュバックももらえたことだし、よかったなぁと思っていました。

ところが、ASAHIネットというプロバイダの広告を見てみると、プロバイダの月額利用料金が、えらく安いのです。

ASAHIネットというプロバイダは、WEB黎明期からずっとある老舗のプロバイダで、もう10年以上前から存在するのですが、IIJなどと同じで目立った宣伝活動をしていないため、ソネットやビッグローブ、OCNといったメジャーなプロバイダからすると、マイナーな存在です。

でも、広告宣伝費を使っていないだけあって、価格の安さがピカイチ。

おまけに、戸建住宅なら10カ月、マンションタイプなら8ヶ月無料という入会特典付き。

asahinet

これは乗り換えない手はないということで申し込んだのが、11月6日頃でした。

フレッツ光の回線利用料金は、どのプロバイダを使ってもい比率なので、光回線の利用料金の差は、プロバイダの利用料金の違いでしか生まれません。

ビッグローブのプロバイダ料金は月額893円。

ASAHIネットのプロバイダ利用料金は、月額578円。

差額は315円なので、単純に毎月315円の節約になります。

ところが、ASAHIネットは、8ヶ月間無料のキャンペーンをやっていました。

仮に1年間使うとした場合、このままビッグローブを利用したとしたら107166円ですが、ASAHIネットを使うと、8か月無料なので、4か月分の2312円しかかからない計算です。

「え、これは乗り換えた方が、絶対に得じゃないか」と思ったものの、「ハハーン。2年縛りとかあるんだろうな」と思い、サポートダイヤルに電話をして聞いてみたのですが、とくに何の縛りもないそうです。

でも、あまりの安さに心配になって、

「でも、この8カ月無料の特典を得るには、必須のオプションとかがあるのですよね?」

と重ねて聞いてみると、

「そうしたものはありません」

との回答。

いやぁ、安過ぎるじゃないですか・・・。

おまけに、光電話などはプロバイダに依存しているわけではなく、フレッツ光に依存したサービスなので、プロバイダを乗り換えても問題なし。

CTUという接続先情報を設定し直すだけで、すぐに切り替えOKなので、これは入会しないと損だと思い、さっそくそのまま電話で入会してしまいました。

また、そのままビッグローブには退会の申し出を行いました。

申し込みを行ったのが11月6日くらいのことだったのですけれども、2日ほどで接続情報が記載された封書が届きました。

asahi

接続先情報だけなので、中身はシンプルです。

ASAHIネット

ビッグローブの契約が11月末まで残っていたので、12月1日から新しい接続先に設定を変更しなければならないのですが、設定方法もすごくかんたん。

1分もかかりません。

まずはNTT西日本のCTUにログインします。

ブラウザの入力欄に以下を入力

https://ctu.fletsnet.com/

CTU

ログイン後は、左サイドバーにある「詳細設定」をクリック。

ctu-login2

接続先詳細設定の「編集」ボタンをクリック。

ctu-login3

ASAHIネットから送られてきた接続ユーザ名と接続パスワードを入力するだけ。

asahi-hituyou

最後に、設定反映ボタンをクリックするだけです。

ctu-login6

わずかこれだけ。

すぐに接続できました。

ctu-login7

念の為チェックしてみると、正常に接続できているようです。

ctu-login8

乗り換えてみて感じたのは、回線速度の速さ。

とくに、上りの速度が速いです。

プロバイダを変えるだけで、これほどまでに劇的に速度が改善されるとは思いもしませんでした。

ページの読み込みで待たされることの多かったページがあるのですが、てっきりサーバー側のレスポンスのせいだと思っていました。

ところが、プロバイダを乗り換えて接続してみると、サクサクと読み込まれるではありませんか・・・。

格安SIMでも、イオンのb-mobileと、IIJmioとでは、同じ上限速度にもかかわらず、圧倒的にIIJmioの方が早いというのは有名な話ですが、それと同じような現象が固定回線で感じられるとは思いもしませんでした。

乗り換えたとはプロバイダだけなので、光電話への影響もありませんし、フレッツの回線を解約するわけではないので、2年以内の解約であっても、NTTへの違約金ももちろんかかりません。

ということで、光回線を使っている方は、プロバイダだけ他社に乗り換えると、とてもお得になりますので、ぜひ検討してみてくださいね。

キャンペーンのページには、11月限定と書いてあったのですが、いまみたら今月も12月限定と書いてあります(苦笑)

でも、完全に満足しております。

携帯電話やスマートフォンが2年おきに乗り換えた方が得だというのは定説ですが、固定回線のプロバイダも、キャッシュバックやキャンペーンをうまく渡り歩いた方が、ずいぶんお得になりますね。

●ASAHIネット
http://asahi-net.jp/service/norikae/

●CTUへのログイン
https://ctu.fletsnet.com/







-通信費節約

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.