ネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー部

パソコン関連のレビューや口コミ そのほかのナイス品

こんなの待ってた!USBや無線LANをコンセントにする「壁ハメ派」シリーズ

投稿日:2012年9月17日 更新日:

プラネックスというパソコン周辺機器メーカーはご存知ですか?

kabehameha

アマゾンのフラストレーションフリーシリーズでもおなじみなので、プラネックスというメーカー名は知らなくても、意外と家の中にあるかもしれないメーカーですが、もともとはプラネックスジャパンというメーカー名。

ネットワーク製品に強く、パソコン黎明期から格安のネットワーク機器を製造販売してきたことで現在の地位を獲得した老舗メーカーのひとつです。

このプラネックスはユニークな商品を送り出すメーカーとしても有名なのですが、今回登場した「壁ハメ派」というシリーズは、壁にはめ込むシリーズを意味しています。

何を埋め込むのかというと、最近増えているUSB電源。

100円ショップでも、スマートフォンや携帯電話などを充電するためのUSBケーブルがたくさん売られていますが、USBから充電できる機器が増えたことで、最初からコンセントにUSBの穴が付いていれば、部屋がすっきりするということで製造されたコンセントなのです。

シリーズの第一弾として発売された「PL-KC1US2」は、USBの口が2つ。

PL-KC1US2

通常のコンセントカバーのサイズと同じなので、今のコンセントをこれに入れ替えるだけで、ずいぶんとスッキリするに違いありません。

全部の部屋をこれに代えてしまいたいくらいです。

もうひとつが、無線LANを壁に埋め込むための「MZK-KR150N」

MZK-KR150N

MZKというシリーズで分かる人は分かるかもしれませんが、無線LANルーターです。

ネットワーク機器は、どうしても配線がゴチャゴチャしてしまいがちですが、コンセントケース内におさめあられた極小サイズの無線LANルーターなので、すっきりおさめられることが特徴。

有線LANのポートもあるので、ホテルや旅館などには最適かもしれませんが、自宅でもぜひ使いたいです。

いずれの製品も、電源はコンセントからの直結となるので、設置には電気工事の資格が必要となりますが、かなり流行りそうな感じがしますね。







-パソコン関連のレビューや口コミ, そのほかのナイス品

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved.