セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

パソコン関連のレビューや口コミ 裏技とかコツとか便利技とか

帰省や旅先に役立つ、USBで充電する機器を一度にたくさん充電する方法

投稿日:2011年12月1日 更新日:

お正月の帰省などで移動の多い時期ですが、困るのが携帯電話やタブレットなどの充電ではないでそしょうか?

最近では、USBから充電できる機器が非常に増えているので、たいていのものはUSB端子さえあれば事足りる状況にはなっています。

USBから給電するためのケーブルも、DS用、PSP用、携帯電話用、ミニUSB用、iphone用など、さまざまな種類の充電ケーブルが100円ショップで販売されているので、たいていのモバイル機器はUSBで充電できると思います。

けれども、普段使いなれているパソコンや充電機器がある状況ではよいのですが、旅先や実家などの場合、思ったようにUSB電源が取れなくて困ることがあるのではないかと思います。

そこでひとつは持っておきたいアイテムが、コンセントから直接USB電源を取り出せるアダプタです。

ドコモのギャラクシータブや一部のデジカメでは、USBで給電するために、コンセントからUSB電源を取るためのアダプタが付属していることが多いです。

でも、たいていのUSBアダプタは、口が1つしかありませんよね。

頼りになる100円ショップでも、車のシガレットライターからUSB電源をとるためのアイテムは置いていますが、コンセントからUSB電源を取るためのアダプタは見かけたことがありません。

使い慣れたパソコンがある状況下ではパソコンのUSBにつらつらと接続していけばよいのですが、パソコンもなく、USBコンセントをひとつしか持っていけない旅先では、いっぺんにいろいろと充電することが難しくなりがちです。

たとえば、家族で旅行などをすると、何台もの携帯電話やモバイルルーター、タブレットPC、デジカメなどを一度に充電したいと思っても、順番に充電していかなければならず、ちょっと困ってしまいますよね。

そこでおすすめしたい方法が、これ。

逆転の発想といっては何ですが、要は、USBコンセントの数を増やすのではなく、コンセントにUSBハブを接続することで、充電できる口数を増やそうという考え方です。

このUSBハブ自体は、上海問屋などで300円程度で購入できますので、コンセントからUSB電源を取り出すアダプタを複数購入するよりもはるかに経済的。

しかも、コンセントの口数を占領しないいうえに、一か所でまとめて給電できるので、紛失の可能性も低くなります。

写真では、Wimaxのルーターと、ギャラクシータブ、携帯電話、ニンテンドーDSの充電ケーブルをつなげています。

これだけ沢山接続しても正常に充電されるのかどうか不安でしたが、とりあえず当方の環境では問題なく利用できています。

もともとUSBを流れる電圧は5Vですし、たいていの機器が必要としている電流は弱いものなので、十分にいきわたっているのではないかと思います。

旅先で充電に困らないために、UコンセントからUSB電源を取り出すためのアダプタと、USBハブの組み合わせは非常に便利だと思いますので、多くのモバイル機器を持っている方は、ぜひ用意されておくとよいと思います。







-パソコン関連のレビューや口コミ, 裏技とかコツとか便利技とか

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.