セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

パソコン関連のレビューや口コミ

ブラザーのインクジェットプリンタの互換インクを上海問屋で買ってみた

投稿日:2010年12月3日 更新日:

そろそろ年賀状の用意をしなくちゃならない季節ですが、問題はインクジェットプリンタのインク代がバカにならないということです。

ベタ塗りの面積が少ない文字中心の印刷物ならまだしも、写真やイラストを配置した写真や年賀状ともなると、インクの減りが早いこと早いこと。

知ってのとおり、プリンタメーカーが発売している純正インクは、1色あたり1200~1500円程度することはザラ。

ブラザーやエプソンなどのインクジェットプリンタなどは、多気の機種も、赤、青、黄色、黒の4が色必要。

たとえば、上記はわたしが使っているブラザーのプリンタの純正インクですが、家電量販店やAmazonで購入しても4,200円程度。1本あたり1300円という計算です。

この4色というのは、そもそも印刷物がシアン、マゼンダ、イエロー、ブラックの4原色から構成されているためで、大きな印刷所でも同じです。

高画質を売りにしているキャノンのプリンタなどでは、4色ではなく6色も必要になったりしてさらに大変。
また、ヒューレットパッカードなどのプリンタでは、ヘッドが目詰まりを起こさないように、本体側ではなく、インクカートリッジ自体に印刷ヘッドが内蔵されているので、さらに割高なこともあります。

そんなインクジェットプリンタのインクカートリッジですが、パッケージにはだいたい200枚程度印刷できると書いてあるものの、そこまで印刷できた試しはありません。
写真を多用した印刷物だと、多くても100枚程度しか印刷できないので、結局2カートリッジ分を購入しなければならず、1万円近くインク代がかかってしまうこともあります。

かといって、最近100円ショップなどで見かける詰め替えインクは本当に粗悪品で、インクはこぼれるわ、画質は変だわで、実際あまり使えたものではありません。

そこで目に留まったのが、各社から発売されている互換インクと呼ばれるもので、要は純正のインクよりも格安で販売されているサードパーティー製のインクです。

ほとんどの互換インクは、純正インクの1/3~1/5くらいの価格で販売されているので、4色セットで購入しても、純正インク1本分の値段と変わらないこともあります。

ただ、安物買いの銭失いで、粗悪品をつかまされてしまうと、本当にプリンタを買い替えなければならなくなることもあるので、なるべく高品質で信頼性の高い互換インクを使いたい。

そこで、いつもSDカードやUSBメモリなどを買っている上海問屋で互換インクを購入することにしました。

実をいうと、上海問屋は互換インクの販売にとっても力を入れていて、その品質もなかなかのもの。不具合がある場合は無料交換や返金も行っているので、かなり自信があるのでしょう。
取り扱っている互換インクも、エプソン、キャンン、ブラザーとメジャーどころが揃っています。
たまに無料お試しキャンペーンなどをやっていることもあります。

わたしの使っているプリンタは、ブラザーの複合機で、MFC-870という機種なので、適合インクはLC10というシリーズ。

互換インクの適合機種も掲載されているので、安心です。

販売ページを見ると、

MFC-880CDN / MFC-880CDWN
MFC-870CDN / MFC-870CDWN
MFC-860CDN / MFC-850CDN
MFC-850CDWN / MFC-650CD
M FC-650CDW / MFC-630CD
MFC-630CDW / MFC-480CN
MFC-460CN / DCP-750CN
DCP-350C / DCP-330C
DCP-155C

はLC10-4PK互換インクということになります。

インクは、プリンタ毎に専用インクが用意されているわけではなく、いくつかの種類に分かれているだけのことが多いので、人気のある機種だと大抵の場合は互換インクが存在します。

このLC10シリーズの互換インクは、1本なら349円。4色セットなら、1,333円で送料も無料という激安ぶり。純正品の1/3以下の値段です。

肝心のインク品質も申し分なく、今のところトラブルなどは皆無でした。

値段だけでいえば、ほかにも安いショップもありますが、自社で責任を持って販売をしているところは少ないのが現状。
もともと品質の差が大きい互換インクなので、粗悪品も多く、まともに印刷できないだけならまだしも、本体の中で液漏れしてしまうような粗悪品もあります。

そんなわけで、他のショップで販売されている互換インクは試してはいませんが、これでも十分過ぎるほど安いので、今のところ上海問屋でばかり購入しています。

もっとも、プリンタメーカーからすれば目のうえのたんこぶのような存在で、故障の原因になるから使うなと書かれてありますが、特にトラブルは生じていません。

ただし、インクを自分で詰め替えるという「リサイクルインク」はやめておいた方がいいです。

上海問屋でも売っていますが、これはインクの性質うんぬんというよりも、詰め替え作業があまりに面倒すぎることと、あまりに長い期間保管すると品質がわるくなるため、早く使い切らなければならないからです。

互換インクでも十分に安いので、買いだめするなら互換インクの方を選んだほうがよいと思います。







-パソコン関連のレビューや口コミ

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.