セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

パソコン関連のレビューや口コミ

アマゾンのエコーってなに? グーグルホームの違い

投稿日:

アマゾンで販売されているエコーっていう機械をご存知ですか?

アマゾンのエコー

かんたんにいえば、声で色々な操作ができる多機能スピーカーです。

クリスマス商戦のために品切れとなっていることがニュースになっているため、最新デバイスかと思いきや、じつは2014年から発売されているもの。

発売以来じわじわと売れ続け、現在は500万台以上の出荷実績がありますが、ホリデーシーズンを前にまた一気に売れ行きがよくなり、品切れになっている状況です。

さてこのアマゾンエコーですが、具体的には何ができるものでしょうか。

見た目はスピーカーなのですが、ただのスピーカーではありません。

もちろん、テレビやスマートフォン用のワイヤレススピーカーとしての役割もあるのですが、最大の特長は、音声アシスタント機能です。

アマゾンが独自開発している音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」が内蔵されていて、スピーカーに向かって「Alexa」と呼びかけると質問に答えてくれる機能があるのです。

アップルの「Siri」みたいなものです。

どんなことに答えてくれるのかというと、たとえば

・アレクサ、中国レストランを探して
・アレクサ、20分のタイマーをかけて
・アレクサ、ペーパータオルを追加注文しておいて
・アレクサ、今日の予定はなに?
・アレクサ、音楽をかけて

とったものから

・アレクサ、パンドラのなかから今日のヒット曲をかけて
・アレクサ、今日のウォーキングデッドは何時から始まるの?
・アレクサ、ニュースの見出しを教えて

など、けっこう高度な質問にも答えてくれます。

これって、常に人の声を監視しているともいえるわけでして、ちょっと怖い気もしますよね(苦笑)

・アレクサ、いまからしばらく録音しておいて

って感じの命令を出すと、リビングの様子をずっと録音させることもできるわけで、使い方によっては修羅場を迎える可能性もありそうです。

価格は199ドル(約2万円)ですが、プライム会員なら限定期間で99ドル(約1万円)です。

じつは、アマゾンだけじゃありません。
似たような機能をもつ製品が、グーグルからも発売されています。

名前を「グーグル・ホーム」といいます。

グーグルホーム

これもやっぱりスピーカーの形をしており、見た目や機能はほとんど同じものなのですが、こちらは音声アシスタントに「グーグル・アシスタント」が採用されています。

スマホでもおなじみですが、スピーカーに向かって「OK Google」と話しかければ、検索がスタンバイされるというもので、ネット検索やスケジュールの確認などができます。

こちらもアマゾンのエコーと同様に、

・Ok Google リビングのテレビにダンスミュージックを流して
 -わかりました。ユーチューブからチョイスして流します。

といったやりとりができます。

価格は129ドル(約13000円)と、アマゾンのエコーよりもかなり安く価格設定されています。

アマゾンエコーとグーグルホームの違いについてですが、できることはほぼ同じです。

もともとグーグルホームは、アマゾンエコーの対抗馬として開発リリースされたものなので、似たような商品コンセプトをもっているのは当然ですが、それぞれの経済圏にいかにユーザーを取り込むかの競争が起きています。

アマゾンエコーは、いかにしてアマゾンのサービスや商品の注文につなげられるかですし、グーグルホームは、いかにしてグーグルの検索結果(広告)やグーグルショッピングに導くかということです。

スピーカーという扱いにしておけば、いつでもリビングの中心に鎮座させておけるということなんだと思います。

アマゾンエコーにしても、グーグルホームにしても、日常生活のなかに、いかに「検索」という行為を忍ばせるかということに力を入れているようです。

日本ではまだあまり普及していないジャンルなのですが、アメリカをはじめとする海外では、パソコンやスマートフォン以外の「検索対応端末」「ネット接続端末」の開発競争が激化しています。

アマゾンからは、ボタンを押すだけでリピート注文ができる「Amazon Dash Button」が日本で発売されたばかりですが、じつはこれも海外では2年以上前に発売されており、最近になってやっとこさ日本でも発売が始まったものでした。

amazon-dash

こうしたAI音声アシスタント市場は、2020年までに2000億円を超えると言われています。
日本では普及が進んでいませんが、将来はこうした「音声アシスタント」「デジタルアシスタント」が生活を支えるようになるのかもしれませんね。







-パソコン関連のレビューや口コミ

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.