セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

俺の口コミ | ネット通販レビュー

解約 パソコン関連のレビューや口コミ

Yahoo!BBのADSLを解約する手順。違約金やモデムの返送先など。

投稿日:2010年6月22日 更新日:

ネット通販というわけではありませんが、ネットで申し込めるサービスというくくりで、ヤフーBBのADSLの解約の手順をまとめてました。

解約の申し出や違約金、モデムの返送手順、支払いなど、同じような状況の方にとっては参考になるかもしれません。

ヤフーBBの解約書面

わたしのヤフーBB、利用のいきさつ

まず、当方がヤフーに入会したのは、2009年の6月。

新しいマンションに引っ越すことが決まり、インターネットのプロバイダ契約をどこにしようかと迷っていたときでした。

すると、ちょうどその時にヤフーBBが「お引っ越しキャンペーン」なるものを開催していました。通常の料金よりも毎月1000円も割り引いてくれるサービスです。

このお引っ越しキャンペーンというのは、プロバイダの乗り換えのことではなくて、実際に転居をした人、おお引越しをした人が対象というおもしろいサービス。

引っ越し屋さんから受け取った領収書や、転居したことがわかる住民票、引っ越し前と引っ越し後の電話料金の支払い明細など、「引っ越したことが分かる書類」を送ると、割引キャンペーンの対象になるという、なかなかユニークなサービスです。

ヤフーBBの場合、一番速度が速いプランが「Yahoo! BB 50M Revo」というもので、NTT西日本圏ならば月額4,445円、NTT東日本圏ならば月額4,437円なのですが、このキャンペーンが適用されると、10ヶ月の間、毎月1050円を割り引いてくれるので、それぞれ毎月3,395円、3,387円で利用できることになります。

もちろん、ADSLを申し込んで利用を始めた最初の一ヶ月間は、まるまる一か月分を無料にしてくれるという通常のキャンペーンも適用されるので、まさに至れり尽くせり。

おまけに、引っ越しキャンペーンも、うっとおしいオプションを強制加入させられることなく適用してもらえる特典なので、ADSLでインターネットをしたい方で、引っ越したばかりの方はお薦めです。

残念ながらヤフーBBの解約

さて、こんなに気に入ってヤフーを使い始めたにもかかわらず、解約せざるを得なくなったのには理由があるのです。

それは、回線速度が上がらないこと。

50MBのプランに加入したのですが、何度計測をしてみてもこんな結果。

一昔前の56K時代のモデム通信並の速度しか出ないのです。

実はこれ、今回引っ越してきたマンションに問題があったようです。

ADSLは、ガスの自動検針やガス漏れ警報器などが設置されている場合、速度が極端に遅くなることがあるそうです。

というのも、こうした計器類は、電話回線を利用して実現されていることが多いからで、余計な信号が電話回線に乗っかっているため、それがノイズとなって十分なADSLの信号が送られず、速度が異常に遅くなったり、ADSLの接続リンクが切れたりするとのこと。

調べたところ、このマンションには、そうしたガス検針機などの信号は乗っていなかったようでしたが、どうもドアホンの信号が乗っているらしく、ノイズが多いよう。
けれども、オートロックの解除機能を兼ねている集合住宅のドアホンは、一住民が勝手に取り外すことのできない共有機器なので、やむをえずADSLを光回線に乗り換えることになりました。
マンションの光回線はVDSLという、電話回線を利用して回線を供給する方式になっているので、光回線に乗り換えるには、いったんADSLを解約して回線の撤去をしてもらわなければなりません。

そこで、せっかく激安価格でADSLが利用できる権利がありながらも、早々に解約をすることになってしまったのです。

解約手順は以下の通り。

【手順1】コールセンターに電話

ヤフーBBの解約は、電話で連絡をする必要があります。

SoftBank BB インフォメーションセンター(0800-1111-820)に電話をすると、音声ガイダンスが流れるので、【6】→【5】とプッシュします。

【手順2】「解約したい」と告げる

上記でつながったオペレーターに、解約したい旨を伝えます。

解約理由を聞かれることもあるそうですが、別にこたえなくても問題はないとのこと。わたしの場合は、速度が上がらないことを伝えましたが、別にだからと言ってしつこく引き止められることはないので、正直に答えてあげてもらっていいと思います。

ちなみに、ヤフーBBは、日割り計算の清算がないので、自動的に月末の解約になります。8月1日に解約を申し出ても、8月20日に解約を申し出ても、8月末日で解約扱いになるのでご注意を。

【手順3】「解約書面」を郵送で返送する

解約したい旨が伝わると、オペレーターから書類の送付がなされることを教えてくれます。解約申込書類一式です。ヤフーからこんな書類が送られてくるので、必要事項を記入して返送します。

切り取るとハガキになるシートが郵送で送られてくるので、記入日と名前と電話番号を記入して返送。たったこれだけで完了です。

ちなみに、回線の正確な撤去日は、返送してから数日たってから電話すると教えてくれますし、郵送でも知らせてくれます。

後日、こんな感じの圧着はがきで回線撤去日の連絡がやってきました。

違約金やモデムの返送は?

あと、それから違約金やモデムの返送などに関して。

今回は、7月の中旬からヤフーADSLを利用したのですが、1か月で解約することになったので、違約金が生じないか心配していました。

ところが、そういった違約金の類は一切発生せず、また引っ越しキャンペーン自体も違約金がないようでした。

よって、結局1カ月近くYahoo!ADSLを利用したにもかかわらず、請求金額はゼロ円のまま解約が無事完了。

モデムの返送先への返送料金こそ、こちらで持たなければなりませんが、実質ゼロ円というか、正味ゼロ円で済んだので、とても助かりました。

巷ではあまりいい噂を聞かないことの多いヤフーですが、個人的にはとても良心的なプロバイダのひとつだと思いますが、いかがなもんでしょうか?







-解約, パソコン関連のレビューや口コミ

Copyright© 俺の口コミ | ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.