セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

格安SIM(IIJmio)とスマートフォン

au IDが欠陥すぎて泣いた話

投稿日:2013年6月13日 更新日:

MNPで転出する前にポイントを消化しようと思い、au IDを登録しようとしたら、システム上の不備でできず、10000ポイント以上が無駄になったというお話です。

マモリーノ2

auのキッズケータイユーザー以外には意味不明な記事になっていると思いますが、転出前のポイント消化を考えていた自分にとっては、まさかの落とし穴でした。

こういう言い方はよろしくないと十分に理解しているのですが、「ちょっとこれはどうなんだろうかなぁ」と思うことがありまして、同じような状況に陥っている方の参考になればと思い、メモとして記載しています。

言い方がキツくなっていて気分を害される方もいるかもしれないですが、これを機にauには改善をしてもらいたいと思いますので、ぜひともひとつお願いします。

まず、au IDというのは、auに契約している人が契約内容を見たり、ポイントを利用する際に必要になるIDです。

このau IDは、端末の電話番号毎に割り振られており、初期設定では電話番号がau IDになっています。

auには、このau IDのほかに、サポートIDというものもあります。

サポートIDのほうは、端末に対してではなく、契約者毎に割り振られるものです。

割り振られるというより、自ら取得するIDなのですが、どの端末をサポートIDに紐づけるかを自分で選ぶことができます。

契約内容の確認などはサポートIDでもいいのですが、ポイントを有効に使いたいと思うと、どうしてもau IDが必要になるのです。

というのは、こちらにも記載した通り、au ショッピングモールでポイントを消化するのが最善だからです。かんたんにいえば、いらない充電器やらをもらうくらいなら、多少還元率に不満があっても、金券をもらって換金したほうがいいという話です。

このauショッピングモールを利用するには、auIDが必要になります。

そこで、auIDの取得作業を行おうとしたのですが、そもそもキッズケータイには、auIDを発行するための手段がないんだそうです。

理由は、認証作業ができないから・・・なのだそうです。

ただ、不可能だとは思いもよりませんでした。

というのは、登録作業を途中まで進めると、ブラウザ非搭載の機種の場合は、サポートダイヤルに電話しろとあったからです。

てっきり「あぁ、ブラウザがないから仕方ないか。」「まぁ、店頭か書面で発行するくらいの手間は、仕方ないな」くらいに考えていたのですが、どうやらそうではありませんでした。

端末からしかau IDを取得できない仕組みにするのは構いませんが、EZ-WEBを申し込んでいなかったり、そもそもブラウザすら搭載されていない機種もあるわけで、IDを公式ショップや公式サポートが代行して取得すればいいだけの話だと思うのですが、サポートダイヤルに問い合わせても、できないのだそうです。

端末経由で認証を行うのはいいとしても、Cメールでパスワードを送信するなり、いくらでもやり方はあるだろうと思うのですけれども、もう何100000台も出荷されているこの機種で同様の苦情は相当に出ているはずで、今までなぜ対応してこなかったのか不思議なくらいです。

ポイントが無駄になることを話してみると、ほかの端末に請求を統合すればよいとのこと。

ところが、そもそもポイント消化をしたいと思った理由は、解約をしたいと思ったからでして。

「統合先となる親の端末も今月解約する予定なんですが、統合するのにどのくらい時間がかかるのですか?」
「次の請求時なので、翌月以降です・・・」

「でも、その時期だと、もう解約しちゃってますから、統合する先がないわけですよね。その場合、やっぱり中に浮いたままになるわけですかね?」

「そうなります・・・。」

どうしたものかと思っていると、

「カタログをお送りしますので、そこから選んでもらうのはいかがですか?」

とのこと。

が、念のために

「解約すると、その権利もなくなるのでは?」

と聞いてみると、

「申込時点で解約されていた場合は、無効になります」

ということで、もういいです・・・となりました。

この一連のやり取りは、サポートダイヤルの方もバツが悪そうにされており、サポートダイヤルの方に文句をいっても仕方がない話なので、不満を抱きつつあきらめることになりましたが、けっきょく10000ポイント以上が宙に浮いたままMNPで転出することになってしまいました。。

これがドコモやソフトバンクなら、他の端末にSIMカードを入れ替えて、とりあえず認証手続きだけ終わらせるということもできそうなのですけれども、auだけは同一キャリアの端末であってもロックがかかっているため、違う端末で動くようにするためのアクティベーション料金も、2100円とられます。

ロック解除に2100円を払って他の端末に移動させて、そこからポイントを利用するという手もなくはないですが、、なんだかあまりにバカバカしすぎて、あきらめました。

まさかこんな穴があるとは思いもよりませんでした。

というわけで、au IDは、マモリーノなどのブラウザの無い端末では作れません。

よって、ポイントを消化したいユーザーで、番号毎に請求を分けているユーザーは、できるだけ早めに請求をまとめておいた方がいいと思います。

更新月になって慌てても、もう手遅れですから・・・。







-格安SIM(IIJmio)とスマートフォン

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.