セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

俺の口コミ | ネット通販レビュー

格安SIM(IIJmio)とスマートフォン

PHOTON ISW11Mのroot化~ブートローダー解除~カスタムROM導入までの道のり

投稿日:2012年6月4日 更新日:

ずいぶんと間が空いてしまいましたが、PhotonでIIJ mioのSIMを使うための続きです。

ギャラクシータブやEXPERIAなど、IIJが公式サイトで案内している動作確認済み端末の場合は、IIJ mionoSIMカードを差し込んで、AP(アクセスポイント)の設定さえ行えばすぐに接続されて使えるようになるのですが、このPhotonの場合は、どうやら一筋縄ではいかないようです。

これは、IJ mioのSIMにばかり原因があるわけではなくようで、そうやら音声契約付きのSIMカードでなければ、ネットワークに接続しようとしてくれないことが原因のようです。(音声契約が接続のカギの役目をしているようです)

実際、SIMロック解除済みのPhotonに、ドコモやソフトバンクで契約しているスマートフォンのSIMを差し込むと、特に面倒な設定も行うことなく、APのアカウント設定のみで利用することができます。

ただ、今回はIIJ mioで利用することに意義がありますので、何とかしてみたいと情報収集をしてみます。

ちなみに、同じく低価格のデータ通信専用SIMとして人気のあるイオンの月額980円のSIM(データ通信のみのSIMカード)を使う場合でも、音声通話機能がついていないことで3Gの電波網をとらえてくれないようです。

では、いったいどうすればPhotonでIIJ mioのSIMが使えるようになるのか?

ネット上での手順を整理してみると、

1.PhotonのSIMロックを解除して、
2.端末のROOT化を行う
3.ブートローダーを回避する処置を行う
4.CMWをインストールしてROMバックアップの正常動作を確認
5.カスタムROMを焼き戻す

というのが一般的なようです

ここで「CWMとは?」という疑問がわいたのですが、どうやらこれは「ClockworkMod Recovery」という、端末のリカバリ機能を持ったアプリの略で、通称CWMと呼ばれているようです。

はやいハナシが、バックアップを取った後、「PhotonのOSをごっそり入れ替えろ」というわけです。

ただ、わたしのようなニワカにとっては、なかなかハードルが高く感じられ、SIMロックを解除したきり、それから先の手順を踏み出せずに躊躇していましたが、このまま小さなWI-fiタブレットとして使い続けるわけにもいかず、ダメ元で試してみることにしました。

ということで、まずはROOT化を行って、自由に端末をいじれる環境にしておくこと作業から開始です。

ROOTとは、文字通り「根っこ」のことで、LUNUXなどのOSで、一番偉いユーザーだけが触れる領域を指します。

通常、アンドロイド端末は、ユーザーが不用意にシステムファイルなどを消してしまわないよう、自由にアクセスできない領域があります。

ROOTを取るということは、なんでもできる状態を作るということになります。

具体的な手順は、下記のブログを参考にさせていただきましたが、後になって気付いたのが、わたしの端末がすでにアップデート済みだったこと。

http://koukentag.blog52.fc2.com/blog-entry-383.html

ROOT権限を取得するところまではなんとかできたのですが、次の手順であるブートローダーの解除ができない状態になりました。

RSD liteというソフトウェアを利用し、「235pudding」を適用してみたものの、どうしてもブートローダーの解除作業にまでたどり着くことができませんでした。

本来であれば、RSD liteでpudding作業を行った後、Fastboot protocolにてブートローダーの解除作業に入るのですが、oem unlockを行っても、PhotonのIDが表示されません。

やはり、公式アップデートごのブートローダー解除は不可能なようです。

というわけで、今回はここまででいったんとん挫してしまいましたが、さらに情報収集を行って、再度チャレンジしてみたいと思います。







-格安SIM(IIJmio)とスマートフォン

Copyright© 俺の口コミ | ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.