セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー部

格安SIM(IIJmio)とスマートフォン

大阪日本橋のじゃんぱらで、激安のUSB充電コンセントを買ってみた

投稿日:2012年5月4日 更新日:

ネット通販を利用するようになって以来、あまりリアル店舗で買い物をすること自体が少なくなってきましたが、今日は大阪の日本橋でお買い得なアイテムを見つけたので、買ってみました。

じゃんぱらというDOS/V系のPCショップで販売されていた、USB給電コンセントがあまりに安かったので、まとめ買いしてきました。

USB給電コンセント

こういう商品のことを、いわゆる何というのか定かではないのですが、要は、コンセントからUSB電源を取るためのアダプタのことです。

最近は、iphoneやアンドロイドなどのスマートフォンだけでなく、携帯電話やタブレットPCまで、USB経由で充電できる機器が増えてきました。

パソコンが常時起動しているオフィス内などでは困らないのですが、出先や寝室など、パソコンが常時起動しているわけではない環境の場合、充電できる環境がありません。

そこで役立つのが、こうしたコンセントから直接USB給電ができるアダプタ。

昔ながらの折りたたみ携帯電話も、USBケーブル経由で充電できるものがたくさんありますが、キャリアの純正品を購入すると1000円近くするので、家に何台も携帯電話がある過程だと、バカになりません。

最近は、充電ケーブルが別売りになっていることがほとんどなので、MNPなどでキャリアを乗り換えた場合、また買わなくてはならなくなります。

そこでおすすめしたいのが、USBを使った給電なのです。

充電だけできるケーブルと、データ通信もできるケーブルの2種類がありますが、充電だけできるケーブルなら、たいていの100円ショップで購入できます。

ドコモ、ソフトバンク、auの3社とも100円で購入することができます。
(ドコモとソフトバンクは形状が同じなので流用できますが)

さて、問題はUSBの口の方です。

パソコンがある場合はいいのですが、ない場合は、USBの給電口がありません。

そこでほしくなるのが、コンセントからUSB電源をとれるアイテムなのです。

ところが、このコンセントだけは、なぜか100円ショップでは見かけません。

そこでアマゾンなどで調べてみるのですが、だいたい1000円程度します。

ノンブランドのものでも500円程度するので、ちょっと躊躇します。

そんななか、じゃんぱらで見つけたこのUSBコンセントは、1つ180円。

日本橋にも複数の店舗がありますが、どの店舗でも入口のワゴンに山積みになって売っていました。

色は白、黒、ピンクの3種類がありました。

写真では中身しか写っていませんが、ちゃんとパッケージ包装もされていました。

コンセント部分も、ちゃんと折りたためるようになっている可変タイプなので、持ち運びにも便利です。

今回は白ばかりを4つ買ってきましたが、これなら100円ショップのケーブルと組み合わせることで、280円で充電器が作れることになりますので、とてもお得です。

また、このUSBコンセントの特筆すべき点は、電流が600mAだということです。

USBの場合、電圧は5Vと決まっているのですが、電流の大きさを示すアンペア数は、500mAが一般的です。

そんななか、わずかだけ電流が大きいこのUSB給電コンセントは、それだけ多くの電流を流すことができるので、通常のUSB経由の充電よりも、若干早く充電することができるのです。

あまりに大きい電流だと、過電流で充電池を痛めてしまうことがありますが、1.2倍程度の電流だと、急速充電としてちょうど良いくらいの電流なので、安心ですね。

実際、スマートフォンの充電に使ってみましたが、いつもより若干充電時間が短縮されていました。

現在も、店頭ではたくさん在庫があるだろうと思いますので、1部屋に1つずつ充電環境を整えておきたい方や、出張などで頻繁に出かける方には予備として便利だと思いますので、ぜひゲットしてくださいね~。

おすすめですよ。

1つのUSBコンセントに4つのポートがついたものもあります。

単に穴の数が多いだけでなく、ちゃんと500mA×4=2000mAが確保されている点が優秀です。







-格安SIM(IIJmio)とスマートフォン

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.