セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

格安SIM(IIJmio)とスマートフォン

ソフトバンクの白ロム携帯を持って、カウンターで新規契約をしてみた。

投稿日:2010年12月19日 更新日:

白ロム携帯を持って、ソフトバンクの窓口で新規契約をしてきました。

ソフトバンクの白ロムで新規契約

ムスビーで購入した白ロム携帯と、ヤフーオークションで入手した白ロム携帯の、併せて2台を新規契約してきたのですが、意外なほどあっさりと契約ができました。

量販店などの特設カウンターなどでは白ロムでの新規契約は受け付けていないので、白ロムを持ち込んでの新規契約はソフトバンクのサービスカウンターでなければなりません。

そもそも白ロムという存在自体、どこか怪しげなイメージが付きまとうので、

「断られたらどうしよう」

とか、

「(別になにもしてないけど)変に疑われたら嫌だなぁ」

と警戒していたのですが、

「端末は持っているので、新規契約をしたい」というと、あっさり新規契約が出来たのには意外でした。

最近は白ロム携帯の売買がとても盛んなので、端末を持ち込んでの新規契約者が増えているからかもしれません。

土曜日にもかかわらず、ソフトバンクの窓口は空いていて、すぐに受付の順番が回ってきたのですが、これがまた黙々と、淡々と、超事務的に仕事をこなしていく感じのお兄さん。

プラン提案や割引サービスの説明などは一切なく、こちらの希望のご契約プランを聞いただけで、後はいっさい無言。

免許所とクレジットカードを渡すと、スキャニングを始め、何も記入することなくあっさり完了です。

今は希望の電話番号を選べるらしいのですが、いくつかある中から選ぶ方式ではなく、欲しい番号の下4けたを申し出て、あるかどうかを検索するという方法。

わたしは希望の番号なんてありませんから、逆に決めづらかったのですが、とりあえず自分的に覚えやすい番号を告げて探してもらうという方法で番号を決めました。

あとは、請求書が郵送で必要かどうかの確認。

郵送での請求書送付を希望する場合は、105円かかりますが、今回は利用せず。

そして、ネット上で契約内容も見るためのパスワード4ケタを指定。

最後に、お決まりの「2年以内に契約解除すると違約金が約1万円かかる」という説明だけで、そのことに関する承諾サインをするだけで終わってしまいました。

合計2台分の新規契約を済ませてきましたが、店に入ってから、契約を完了させて店を出るまで、10分もかかりませんでした。

ただ、ちょっと残念な点は、ソフトバンクの料金プラン。

ソフトバンクの基本料金は、新ホワイトプランという、月額980円のプランが最も安価かつ加入必須なプランなのですが、基本プラン自体に2年契約の縛りがあります。

本当は、「割引はいらないので、解約に関する縛りのないプラン」を選びたかったのですが、旧ホワイトプランへの加入はできないので、やむを得ずに新ホワイトプランに加入することになりました。

メール・ウェブを使う場合は、これとは別に月額315円の「S!ベーシックパック」というサービスに加入しなければならないので、実際には月額1295円が必要ということになります。

24か月以内に解約したり、解約タイミングを逃して解約すると、違約金として契約解除料が9975円発生するとのこと。

10000円も解約手数料がかかるなら、あと1年くらいなら基本料金だけ払い続けて解約月を待っていた方がまだマシかもしれないという絶妙な違約金設定というわけです。

25ヶ月目に解約すれば、解約手数料はかからないのですが、ドッグイヤーと呼ばれている通信業界なので、2年も先のことを見越してこのプランを作っても、たぶんその間にまたコロコロと変わるのだろうなと思うと、本当に面倒くさいですよね・・・。

26か月目と27ヶ月目は基本料金の980円が無料になる特典はありますが、そこまで使っているかどうか分かりませんし、なかなか悩ましいところです。

それともうひとつ、「え~?」と思ったのが、パケット割引の巧妙な設定。

「S!ベーシックパック」に加入するということは、当然ネットやメールを使うからなのですが、ソフトバンクには複数のパケット定額サービスがあります。

1つ目は、パケット放題の定額プランで、最初から月額4410円の固定。
2つ目は、パケットし放題プラン。月額1029円で、上限が4410円。
3つ目は、パケットし放題Sプラン。月額390円で、上限が4410円。

1つ目はいいとして、2つ目と3つ目は1パケットあたりの単価が違うというわけでして、当然3つ目の方がパケット代金が割高に設定されています。

ここまではいいのですが、この3つ目がとても曲者なのです。

というのは、1つ目と2つ目のパケットし放題のプランは、ショートメールメッセージはパケットに含まれないのですが、3つ目の「パケットし放題Sプラン」は、ショートメールでさえパケットの課金対象なのです。

つまり、ソフトバンクの携帯同士で行うSMS(ショートメールサービス)での送受信でさえパケット課金対象なので、通話以外の通信は全てパケット代がかかるということ。

そのため、あっというまに無料パケット分は消化してしまうという、ちょっと詐欺的な内容なんですよね。。

仕方がないのでそのまま契約をしましたが、ヘタをしたらメール1本で390円分のパケット代金を超えて、一気に上限の4410円になってしまうかも知れず、ちょっとビビってます。

とはいえ、違約金が発生するかもしれない嫌さを考慮してみ、十分に基本料金が安いので良しとしたいと思いますが、本当に通信料ってのは密かに家計を圧迫していきますよね(苦笑)

PCの方はネット漬けななわたしですが、携帯の方ではあまりハマらないように気をつけたいと思います。

最新スマホから格安スマホまで!白ロム専門フリマ ムスビーはこちら







-格安SIM(IIJmio)とスマートフォン

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.