セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

車買取

オートバックスでモビリオのエンジンオイルを交換してきた

投稿日:2012年6月2日 更新日:

先日修理に出して快調に復活したモビリオですが、今日はオートバックでオイル交換をやってきました。

モビリオのエンジンオイルを交換してきた

交換したのは、エンジンオイルです。

チラシが入っていたことは知らずに来店したのですが、たまたまエンジンオイルが安いときだったみたいで、一番安いもので1缶980円(4リットル)のオイルがあり、さっそくカウンターへ。

エンジンオイルに限らず、車関係のアイテムは、品質と価格が必ずしも比例しているとはいえないところが多いので、一番手頃なものを速攻で選択したわけですが、エンジンオイルの違いは、粘度の違いです。

安めのオイルは、いろいろな車に対応させるために汎用性が高く、粘度が低いサラサラ系のものが多いようです。

一方、1缶2500円(4リットル)くらいするものは、少し粘度が高めにつくられていることが多いです。

年度によって具体的にどの程度エンジンへの影響があるのか分かりませんが、一般的には、粘度が高いものの方がエンジン内部への粘りが強いわけで、スムーズな駆動となることで燃費の向上が見込まれるそうです。

ただ、粘度の高い低いは、エンジンオイルが平温のときの問題で、エンジンを回すとどのみち内部は高温になるわけで、あまり差がなくなります。

つまり、車の利用頻度や走行距離が高ければ、粘度の差はそれほど考えなくてもよいそう。

そんなわけで、たまにしか乗らなかったり、都心部のように街乗り(ちょっと走ってはすぐに信号で停止するなど)がメインの場合は、粘度が高めのエンジンオイルをおすすめするようです。

このあたりは、年間に1万キロくらい走るのは当たり前っていうほどに車が足代わりのエリア。

というわけで、今回は粘度少なめの980円オイルで交換することにしました。

もっとも、いつもこんなに安いオイルがあるわけではなく、このオイルですら、平常時は2200円くらいするようです。

オートバックスは、不定期にオイルの安売りキャンペーンをやっているときがあって、タイミングさえ合えばずいぶんとお得にオイル交換をすることができるということなのですが、今回は運がよかったみたいです。

さてさて、前回オイル交換をしたのが、半年以上前の年末だったので、今回は約6000キロぶりの交換です。

エンジンオイルの価格が980円。

今回は、エレメントの交換も行うことにしました。

エレメントとは、フィルタのことで、油の汚れをこしとってくれる小さなザルみないたものです。

石油ファンヒーターの給油口なんかにもついているような、単純なパーツです。

で、交換に際しての工賃が525円ですが、オートバックスにはオイル交換会員ってのがありまして、年に1度525円支払うと、一年間はオイル交換が無料になります。

あいにく期限が切れていたので、525円を支払うことになりましたが、それでもずいぶん安いです。

エレメントの交換も併せてやってもらうことになったので、合計金額は2900円ほどとなりました。

ガソリンスタンドでのエンジンオイル交換が、だいたい5000円くらいだったので、ずいぶんお値打ちな印象です。

今回は日曜日だったので、3台分の待ち時間街がありましたが、店内で30分ほど待っていると店内放送で呼び出し。

ピットに車を入庫してくださいとのことで、車をいったん預けて再び店内へ。

しばらくすると、再度呼び出されるわけですが、ここでお決まりのお決まりのセールスがあります。

エンジンオイル交換時に、一緒に添加するとエンジン内部の汚れを奇麗にしてくれるフラッシング剤のセールスです。

「いままでエンジン内部の汚れのメンテナンスとかはされていますか?」といった感じで持ちかけられますが、今回は先月にディーラーでオーバーホールを行ったばかりなので、さすがに要らないと。

車関係のお店でセールスされると、もともとこちらに知識が少ないこともあって断りづらいものなのですが、今回ばかりは「いやー、こないだメンテナンスしたばっかりなんで、いいっすわ」と断り、エンジンオイルの交換がスタート。

たいていのオートバックスは、ピットの様子が店内から見られるようになっていますが、今回のショップも同じ。

車を持ち上げられて、エンジンオイルの抜き取り、新しく購入したエンジンオイルを注入している様子が見えます。

自分でできないこともないのでしょうけれども、ジャッキで車を持ち上げたり、エンジンオイルを抜き取ったり、抜き取ったオイルの処分をしたりは、なかなか面倒な作業。

こうした手間を500円でやってもらえるのは、なかなか良心的かなと思います。

慣れている人にとっては大した作業ではないのかもしれませんが、やっぱり餅は餅屋ですね。

で、交換作業が終わると、再び店内放送でピットに呼び出されます。

ここで余ったオイルはどうするかと聞かれますが、持っていても使い道がないので、「処分してもらってOKです」と返答して、納品書にサインしてピットアウト。

入店から出店まで約1時間くらいで終わりました。

心の効果については、ぶっちゃけよくわかりません(苦笑)

タイヤ交換した時のような劇的な体感はありませんが、アイドリング時の回転音や、低速時のノッキングっぽさ(ガクッとする感じ)は確かに減ったように思います。

もともと、エンジン関連の修理を行った直後だったので、不調に感じる部分などはなかったため、余計に体感しづらかったのかもしれませんが、エンジンオイルの格安キャンペーンをやっていて、さらにエレメントの交換をせず、おまけにエンジンオイル交換の会員期限が切れていなければ、980円ポッキリでエンジンオイルの交換ができるので、まぁ非常にお得感がありますね。

車関係に詳しい人に聞いてみても、だいたい3000キロくらいで交換した方がいいちおう方も、あんなもん交換せんでもいいという方の両方がいますが、このくらいの価格で安心感が得られるなら、まぁやっといて損はないのかなと思います。

この辺りは、年間に1万キロくらい走行するのは普通のエリアなので、さすがに3000キロに一回の交換はやってられませんが、年に1回くらいは交換してもいいんじゃないかなと思いますので、もしチラシでオイルが安いキャンペーンをやっているときは、オートバックスに出かけてみてもいいんじゃないかなと思います。







-車買取

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.