ネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー部

子育て

小学生にも使える脱毛・除毛剤、NEWコントロールジェルMEがスゴかった

投稿日:2017年6月23日 更新日:


先日東京に行った際、国内の人気ネットショップが一堂に集まって、イチオシ商品や新製品をPRするイベントが開催されていました。

いわば、見本市のようなものなのですが、ネット通販で人気のあるショップやサービスばかりが70社近く参加されていて、大変な熱気だったのです。

わたしは新幹線に乗ってそのまま会場に行ったため、手持ちのコロコロカートをロッカーに預けずに会場入りしたことを死ぬほど後悔したのですが(苦笑)、それはもうたいへんな盛り上がりで、あまりの会場の広さと人の多さとで、田舎者のわたしはすっかり気おくれしてしまいました・・・

健康食品や美容関係の商品が多かったので、男の自分としては興味をもてる商品はすくなかったのですが、そのなかにものすごく気になった商品が2つありました。

そのうちのひとつが、ムダ毛対策化粧品の「NEWコントロールジェルME」という商品でした。

NEWコントロールジェルME

メイン会場からはちょっと離れたところにブースがあったので、最初は気づかなかったのですが、たまたま受け取ったパンフレットを見て、ものすごく興味がわいてしまい、スタッフさんとけっこう話し込んでしまいました。

NEWコントロールジェルME

毛深い小学生は悩んでる

娘はまだ小学生ですが、わたしのせいでかなり毛深いんです(汗)

ご覧のとおりです。

胸毛までは生えていないのですが、腕も足もご覧のとおりのありさまで、娘が毛深いのは間違いなくわたしの遺伝なわけです。

親が毛深い

ところが娘本人は、親のわたしに気を使ってなのか、余計な心配をかけたくないからなのか、あまり気にしてない風でいてくれるのですが、学校でプールが始まったりすると、たぶん気にすると思うんですよ。

だって、女の子ですもん。

毛深いといっても、さすがにわたしのすね毛ほど剛毛でもボーボーでもないのですが、女の子にしては明らかに毛深く、指でかんたんにつまめるくらいにワサワサした感じはあります。

パパのせいで毛深い娘

それに、ちょっと毛が太いので、プールの水にぬれると、余計に目立っちゃうと思うんです。

腕にも足にも背中にもムダ毛がはえているので、風呂に入るたびに、こどもにちょっと申し訳なく思うときがあるんですよね・・・。

「あぁ、俺のせいで毛深いんだよなぁ。なんかかわいそうだよなぁ・・・」

小学校低学年くらいまでならよかったのですが、それでも当時は「ゴリラ」とか「猿」とか冷やかされていたことを知っていたので、親としては「そのくらい言い返してやれ!」と強く育てたい気持ちもあるものの、「今は気にしないかもしれないけど、もうすこし物心がついてくると、なかなか凹むよなぁ」なんて、ちょっと申し訳なくも思っていたんです。

それで、もしもプール授業が始まる前にいい方法があるのなら、ムダ毛をどうにかしてやりたいなぁと考えていたのです。

プールの準備

かといって脱毛サロンは大げさすぎるし、ガムテープを貼り付けてビッと抜くのも痛すぎる。

ドラッグストアに売っているような大人向けの除毛剤だと肌荒れをしそう。

じっさい、去年の夏に除毛剤を腕に塗ってみたところ、アレルギー反応みたいに赤いプツプツが出て腫れあがってしまい、あわてて皮膚科に連れて行ったことがあります。

いちばん簡単な方法は、パパの髭剃りで剃ってしまうことですが、剃れば剃るほど次に生える毛が濃くなることを自分の幼少期で経験済みなので、やめたほうがいいだろうなぁと思っていました。

剃れば手っ取り早いけど、余計に濃くなるのが難点

わたしも小中学生のころは毛深いのがだいぶ気になって、夏なのにハイソックスをはいていったり、剃ったり、ガムテープで一気に抜いたりしてたのですが、けっきょくまたすぐに生えてくるので、ぜんぜん意味がなかったんですよね・・・。

オッサンになってしまった今となっては、もう毛深いことは気にならなくなりましたが、やっぱり女の子だと、心の中ではものすごく気にしているんだろうなぁって思っていたのです。

そんなときにこのNEWコントロールジェルMEという商品を見かけたもので、ものすごく興味がわいてしまったのです。

NEWコントロールジェルMEは、除毛剤ではない

このNEWコントロールジェルMEという商品は、いわゆる除毛剤や脱毛剤とはちょっと違っていて、抑毛剤といったほうがふさわしいのです。

コントロールジェル

つまり、抜いたり剃ったりといった、一時的な見た目を変えるための商品ではなく、ムダ毛が生えにくい肌に近づけて行ってくれる製品なのです。

だからこそ、除毛でもなく、脱毛でもなく、抑毛なのです。

それゆえに肌に優しいということで、全身はもちろんですが、顔にも使えるということなのです。

NEWコントロールジェルMEはここがスゴい

NEWコントロールジェルMEの何がすごいかというと、赤ちゃんでも使えるほど肌に優しいという点です。

じっさいには赤ちゃんのムダ毛を処理する親御さんはいないと思いますが、そのくらい安全だということですね。

じっさい、NEWコントロールジェルMEの購入者のほとんどは、4歳~10歳の子どもを持つお母さんやお父さんなのだそうで、ムダ毛に悩む子ども向けの除毛・脱毛アイテムとしてかなり人気があるそうです。

たとえばこれはNEWコントロールジェルMEに寄せられた感謝の声なのだそうですが、手書きで思いがいっぱい詰まっているのが見て取れます。

喜びの声

それだけ愛されている製品ってことですよね。

販売スタッフさんによれば、

・学校のプールが始まるまでにムダ毛を目立たなくさせたい
・学校でムダ毛が濃いことをからかわれている
・ムダ毛を気にしてスカートを履かなくなった
・キッズ脱毛に抵抗がある

こうした悩みをもつ子どもや親御さんに支持されているとのことです。

ほかにも、口ひげが気になる大人の女性にも人気があるそうなのですが、

・加齢により女性ホルモンが減少しウブ毛が濃くなってきた
・化粧でカバーできなくなってきた
・顔以外は脱毛したけど顔は怖くてできない
・毎日剃っていたらヒゲが目立つようになった

こうした悩みを持つ40代前後の女性にもよく売れているそうです。

使い方も、とてもカンタン

NEWコントロールジェルMEは使い方もとてもかんたん。

お風呂上りに、毛の流れに逆らってジェルを塗るだけ。

おまけに、すり込んだり、たたいたりする必要がないので、オロナインやタイガーバームを塗るようなノリで使えるので、

使い始めは朝と晩に塗るのが効果的だそうですが、まだそこまで毛が太くない小学生なら、風呂上がりだけでもいいとのことでした。

使い方がかんたんなことで何がいいかというと、娘がひとりでも塗れそうだと思ったことです。

そりゃあ背中くらいはパパが塗ってやってもいいんでしょうけれど、そもそもこれって、毛深いことを気にして塗るものですよね。

親に気を使って、強がって「気にしてないよ」と本人がいっているのに、パパが出張って塗るのも、かえって気を使わせるかもしれないと思ったのです。

だからこそ、自分で塗れるくらい使い方がかんたんなのは、有り難いと思いました。

恐るべきロングセラー商品

これもスタッフさんから聞いた話なのですが、NEWコントロールジェルMEは今回で8回目の改良を行ったらしいです。

でも、昨日・今日に発売された新製品ではありません。

22年前からずっと売れ続けていて、シリーズの販売累計66万本のロングセラーなのだそうです。

それだけ長きにわたって売れ続けているということは、それなりの実績や効果がないとありえないことだと思いますが、たしかに顔にも使えるムダ毛対策ジェルという製品は、ほとんど見かけませんよね。

それに、親子2代にわたって愛用されている方が多いと聞きましたので、当時子供だったユーザーが、大人になって子供産んで、自分の娘に買ってあげるという図式は、ちょっと素敵だなぁと思いました。

NEWコントロールジェルMEの成分は?

赤ちゃんの肌にも使えるくらいなので、肌に刺激のある成分は含まれていませんが、無香料・合成界面活性剤無添加・人工ジェル化剤無添加・人工着色料無添加と高級オーガニックコスメ並の安全性。

内容成分も、製品本体に全て記載されていました。

NEWコントロールジェルMEの内容成分

書き起こしてみますと、

水、イソペンチルジオール、グリセリン、センチフォリアバラ花水、カラギーナン、BG、ダイズ種子エキス、ヒオウギエキス、アマチャエキス、ザクロ果皮エキス、ヒアルロン酸Na、ウンカリアトメントサエキス、ペルベチアカナリクラタエキス、マルチトール、アラントイン、グリチルリチン酸2K、エタノール、アロエベラ葉エキス、イチョウ葉エキス、ホップ花エキス、ローズマリー葉エキス、マグワ根皮エキス、オウゴン根エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ゴボウ根エキス、ローマカミツレ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、レモン果実エキス、パパイン、マルトデキストリン、マンダリンオレンジ果皮エキス、ローヤルゼリーエキス、ブッチャーブルーム根エキス、アルニカ花エキス、チャ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ヒバマタエキス、スギナエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、クズ根エキス、フユボダイジュ花エキス、パリエタリアエキス、キュウリ果実エキス、ゼニアオイ花エキス、セイヨウニワトコ花エキス、クロレラエキス、メチルパラベン、孔雀石抽出物

と、大半が植物由来のエキスばかりなので、アレルギー反応や副作用が出そうな成分はぜんぜん入っていないようです。

NEWコントロールジェルMEの価格は?

定価は6980円ですが、初めて購入する場合は25%オフの5300円(しかも税込)で購入することができます。

ドラッグストアなどで購入できる安い除毛剤に比べれば少し高い値段ですが、使えば使うほどムダ毛の成長が遅くなるので、利用頻度はどんどん下がります。

コントロールジェルME

よって、頻繁に除毛剤を購入するよりも結果的には肌に優しく、経済的です。

また、60日間であれば、どれだけ使っても100%商品代金を返金してくれる全額返金保証まで付与されています。

除毛や脱毛系の商品は、開封後の返金は受け付けていないことが多いのですが、さすがは20年以上も売れ続けている商品だけあって、かなり良心的だと思いますが、こうした企業姿勢も長年にわたって売れ続けている理由なのかもしれません。

おまけに、ここ最近TVでも問題になっていましたが、単発購入したつもりだったのに、じつは定期購入をさせられていた・・・なんてこともありませんので、かなり安心です。

NEWコントロールジェルMEのまとめ

小学生なのに脱毛や除毛というと大げさに思われるかもしれませんが、これは自分がそういう経験を持った人じゃないと分からないことかもしれません。

本人は気にしていても、なかなか親にもいいずらいことだろうと思うので、もしも毛深いことに悩んでいるお子さんがいるなら、使ってあげるといいのではないかと思います。

いきなりツルツルになっていると目立ちますが、このNEWコントロールジェルMEは、ムダ毛が生えてくるのを抑制してくれるという性質を持っているので、処理をしていることがバレにくい自然さがあるのです。

たとえば増毛の場合でも、だんだんと毛が増えてくる分には自然なのですが、昨日までハゲていたのに、ある日突然フサフサでくると目だって仕方がないですよね。

脱毛もこれと同じなんです。

だんだんと薄くなって、だんだんとムダ毛が少なくなっていく自然な感じじゃないと、やっぱり周囲には気づかれてしまって、余計にからかわれたりするものです。

ふだん毎日顔を合わせなきゃならない学校という特殊な環境にあるからこそ、この抑毛という考え方は非常に理にかなっているのではないかと思いました。

こどもは悩んでいても、すべてを親に話すとは限りません。

もしもムダ毛に悩んでいるかもしれないという自覚を持っているお父さんがいたら、それとなくNEWコントロールジェルMEを差し出してあげると、喜んでもらえるかもしれませんよ。

なお、NEWコントロールジェルMEの最安値も、公式ショップで間違いありません。通販限定商品のため、店頭では購入することができませんし、楽天やアマゾンでも取り扱いはありません。

また、製品に不具合があった場合の交換や、全額返金保証制度が適用されるのは、当然のことながら公式ショップで購入した場合に限られますので、オークションサイトなどで購入される場合はくれぐれもご注意ください。

⇒小学生のムダ毛対策に NEWコントロールジェルMEの公式ショップはこちら








-子育て

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved.