FB-566LD

石油ファンヒーターがフル稼働の季節になってきましたが、ちょっとおすすめしたい機種があります。

それが、ダイニチから発売されている、FB-566LDという機種。

FB-566LD

木造15畳用、コンクリート20畳用なので、同社のラインナップでいえば、基本機能充実なのに値段が安いFW-567Lや、バックライトが大きめに配置されたFW-577LEなどと同等製品ということになりますが、デザインが一風変わっています。

見た目のデザインだけでなく、非常によく考え抜かれた製品なのです。

通常の石油ファンヒーターは、本体下部に温風を送風するためのスリットがあるだけですが、このFB-566LDは、下段部分にストーブのような放射熱を発する箇所があり、上段からは石油ファンヒーターの温風が吹き出してくるという、ハイブリッドな仕様になっているからです。

つまり、石油ファンヒーターと、石油ストーブのハイブリッドということで、コンセプトがとても斬新です。

ハイブリッド石油ファンヒーターには、灯油を使って運転する石油ファンヒーターとしては、トヨトミからセラミックファンヒーターが一体化されたタイプがありますが、セラミックファンヒーターはやはり暖房としては物足りないことと、小さめの部屋にしか対応していないため、このクラスの石油ファンヒーターを探している人にとっては、比較の対象にはならないのではないかと思います。

さて、一般的な石油ファンヒーターのデザインは、操作パネルは本体上部に横に並んでいるものですが、この機種は本体前面に縦に並んでいることからも、デザイン的なインパクトがかなり違うことが分かると思います。

でも、このFB-566LDは、見た目のインパクト勝負なだけではありません。

下部にデザインされた放射熱用のヒーター部分は、燃焼している炎が見えるようになっているので、視覚的にも暖かさを演出してくれるだけでなく、ある程度部屋があたたまって、石油ファンヒーターの出力が弱まった時に、石油ストーブ特有のほんわりとした温かみが感じられてて非常に快適なのです。

ここで燃えている炎が上部から噴き出してくるわけで、要は下段のヒーター部分は、完全な石油ストーブなのです。

石油ストーブのゆるやかなぬくもりは、また格別です。

たとえるなら、サウナの中によくある、アツアツの石のそばにいるような感覚で、温風が直接顔や体に吹きかかると感想するし、気持ち悪くなってくるのですが、このストーブから発せられる放射熱は、眠気を誘うような気持ちよさがあります。

ダイニチの製品の中でも、特別なシリーズとして位置づけられているモデルなので、他のモデルと比較のしようはないのですが、石油ファンヒーターとしての基本的な機能は、同社のハイクラスモデルでもあるFW-577LEなどととほとんど変わらないので、この独特な、懐かしさを感じるようなレトロなデザインと、石油ストーブのあたたかさの両方に魅力を感じるなら、まさにこれしか選択肢がないというイチオシ製品です。

ただし、価格はちょっとお高め。

同じ広さに対応している廉価盤のFW-567Lが実売価格で2万円弱、液晶パネルが大きなFW-577LEの実売価格が23000円程度なのに対し、このFB-566LDの実売価格は29800円となっています。

それでも、価格なりの満足感はあると思います。

直接ガンガン暖房風を送り込むことが難しいケース、たとえば、赤ちゃんがいる部屋や、店舗などでは、このハイブリッドな仕様はうってつけじゃないかと思います。

実際に、実家ではアパレルをやっていますが、お店の中でもアンティークな家具と、このFB-566LDのレトロな雰囲気がとても調和していて、とても評判がいいです。

色は、プラチナシルバーと、プラチナブラウンの2色がありますが、どちらもとてもセンスのいい色合いだと思います。

実際に利用している感想としては、FW-567Lに比べると、灯油の減りが少ないように思います。

全く同じ環境で2台並べてベンチマークを取るなどはできないので、あくまでも主観的な感想ですが、放射熱側のそばがとても暖かいので、少し低めに温度設定をすることが多くなったためではないかと思います。

設定温度を低めにすることで、早めに出力マックスの状態が終わり、低出力モードで運転をすることになるからではないかと勝手に考えているのですが、低めの温度設定にしていてもヒーターのそばがほんわかと暖かいので、直接風を当て続けるとかゆくなってしまう乾燥肌のわたしのような人にははぴったりです。

このFB-566LDは大きめなのですが、広いお家では、台所やふろ場での利用も良いと思います。

見た目のデザインも非常によく、吹き出し口が上段にあることで、椅子に座っての作業をしているときにもちょうどよく、おまけに足元もじんわりと暖かいので、ハイブリッドというよりは、一石二鳥な機種なのではないかと思っています。

ダイニチの石油ファンヒーターのなかでは、メインストリームの売れ筋商品というわけではなさそうで、店頭ではほとんど見かけたことは無いのですが、一度喫茶店で見かけたことがあり、そのレトロなデザインと斬新なレイアウトに目が釘付けになってしまい、それ以来気になってしまい、けっきょく購入してしまったのですが、結果的にはとても満足しています。

ありきたりなデザインの石油ファンヒーターじゃいやだという人はもちろん、燃費を抑えたいという人にもいい選択枝なのではないかと思いますので、おすすめです。

石油ファンヒーターの選び方ガイドはこちら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事