セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

健康食品

小林製薬の「やわらか歯間ブラシ」を買ってみた

投稿日:2014年4月11日 更新日:

歯間ブラシというと、針金っぽい細い金属製の棒に、モールのような毛羽立ったブラシがついているものが一般的ですが、小林製薬から発売されている「やわらか歯間ブラシ」ってのを買ってみました。

やわらか歯間ブラシ

なんでも、歯間ブラシの売り上げラインキングではナンバー1の商品らしく、思わず試してみたくなりました。

歯ブラシでの歯磨きや、ドルツのジェットウォッシャー、糸ようじなども使っていますが、歯間の歯垢はどうしても取れにくいものです。

歯間ブラシでギコギコやると、それはそれは臭い、いかにも口臭やら虫歯の原因になりそうな、白いウミのようなものが取れることがありますが、あれを取るときの爽快感はたまりません。

ただ、金属製の歯間ブラシの欠点は、歯茎を傷めてしまう可能性があることです。

傷つけた歯茎は、出血するだけではなく、そのまま痩せて行ってしまううえ、歯茎自体は治癒して復活することが無いらしく、どんどん歯茎がなくなってしまうのだそうです。

よって、歯医者さんでは、糸状の「フロスをつかえ」といわれるのですが、歯間ブラシの快感には抗いにくいもの。

そこで、何かいいものがないかを探しているときに見かけたのが、このやわらかい歯間ブラシ。

ブラシの部分がゴム製で出来ていることから、歯茎を傷めることなく歯間の掃除ができるすぐれものです。

また、10本ずつ2つに分かれているので、持ち運びにも便利なのですが、この10個ずつがそれぞれケースになっています。

sikanburasi2

おまけに再はくりが可能なシール状になっているため、とっても便利。

sikanburasi4

また、10本が連結されているのですが、必要な本数だけパキッと割って取り出す方式なので、散らかりません。

sikanburasi3

本当によく考えられた商品だなぁと感心してしまいました。

ちなみにサイズは、極細のSSS-Sと、通常サイズのSS-Mなどのサイズがありますが、一番のおすすめは、極細のSSS-Sタイプ。

というのは、やはり金属製タイプに比べて、少し厚みがあるため、極細じゃないと入らない隙間があったからです。

アマゾンではあわせ買いの対象になっているので、ほかのものと一緒に購入する必要がありますが、300円を切る価格で販売されていますので、ぜひ試してみてください。

これ、とっても便利です。







-健康食品

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.