ネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー部

ゲーム

妖怪ウォッチ2を定価で予約する方法

投稿日:2014年3月30日 更新日:

妖怪ウォッチというシリーズをご存知でしょうか?

子供向けアニメのひとつなのですが、小学生の間で爆発的な人気となっており、ありとあらゆる関連グッズが飛ぶように売れている、今もっとも旬なキャラクターのひとつです。

少し前に、妖怪ウォッチの絵柄で絵合わせパズルを自作した記事を公開したのですが、その当時はわたし自身が妖怪ウォッチのことをぜんぜん知りませんでした。

記事へのアクセスがあまりに多くてびっくりしたくらいなのですが、人気が衰える様子がないまま、もう半年以上経っている状態です。

妖怪ウォッチの内容は、ポケットモンスターのように「色々なキャラクターを収集する系」のアニメです。

それゆえにコンプリート欲を刺激されるようで、登場するキャラクターを使った妖怪メダルと呼ばれるグッズは親子で朝から並ばないと購入できないほどの超品薄&人気アイテムとなっているそうです。

「なっているそうです」と記載しているのは、そのあまりの行列ぶりに並ぶ気力すらなくしてしまったからですが、妖怪コインを使って遊ぶ大型筐体のゲームは、土日ともなれば1時間待ちもザラのようで、スーパーやショッピングモールでは順番待ちの整列制限が行われているくらいです。

そのキャラクター関連グッズは飛ぶように売れており、ノート、鉛筆などの文房具はもちろん、ぬいぐるみ、プールバッグ、サンダル、各種ケース、アパレルなどなど、ありとあらゆるライセンス商品が販売されており、もはやバブルといっても過言ではないほどの空前の活況となっています。

なかでも「妖怪メダル」というプラスチック製のメダルや、「妖怪ウォッチ」という腕時計型のアイテムの高騰ぶりはすごいです。

妖怪メダル

1袋(180円)のに2枚のメダルが入っているというおもちゃなのですが、出てくるコインの種類によっては数万円の値がつけられることもあり、転売目的の大人も大勢参加中。

どんなにはハズレなメダルでも1枚300円以上で売買されていることから、「買えば必ず高く売れる」という点では、少し前に話題になったビットコインと似たような感じかもしれません。

一方の妖怪ウォッチという腕時計型のおもちゃは、定価3000円ほどなのですが、1万円以上のプレミア価値が付けられています。

こうした状況・過熱ぶりに賛否はあれども、いまでも大人気だということだけは間違いなさそうです。

そんな空前の大ブームとなっているなか、ずいぶん早くから予約販売をアナウンスしていたゲームソフト「妖怪ウォッチ2」が、いよいよ7月10日に発売されることになりました。

そのため、予約受け付けも最終段階に入っています。

2013年の秋ごろに発売された3DS用のゲーム「妖怪ウォッチ」は、発売当時はそれほど売れている様子もなかったのですが、それから数カ月すると爆発的なブームになり、それに乗じてゲームも大ヒットになりました。

今回の「妖怪ウォッチ2」は、その第二弾ということになるのですが、7月の発売にもかかわらず、今年の3月くらいから予約を受け付けていて、「こんなに早くから予約を受け付けたって、発売日にはブームが終わっているんじゃないの?」と思っていたのですが、ぜんぜんブームが終わる気配がなく、現在に至っています。

その「妖怪ウォッチ2」ですが、実に巧妙な販売戦略をとっていて、中身は同じものの特典が違う「本家」と「元祖」の2バージョンが用意されています。

アマゾン、楽天、トイザラス、ヤフーショッピングなどの主要なショッピングサイトでは、定価で予約受付を行っていた良心的なショップの予約受け付けは終了しており、その代わりに現在も予約できる状態になっているのは、法外なプレミアム価格を付けているショップばかり。

なかには、仕入れルートはおろか、在庫すら持っていないお思しきショップもちらほらで、一昔前のドラゴンクエスト3やたまごっち、最近ではクリスマスシーズンの仮面ライダーベルト、3DS、どうぶつの森などと似たようなバブル状態になっています。

バンダイにしてみれば、たまごっち以来の爆発的ドル箱シリーズともいえるので、これからしばらくは品薄商売を続けそうな感じですが、そんななか、良心的な定価でひっそりと普通に予約を受け付けているショップがありました。

それが、大手コンビニチェーンの「サークルK」です。

ほとんど宣伝されていないので、今でも定価で買えることを知らないユーザーも多そうなのですが、6月30日現在でも、定価での予約を受け付けています。

もちろん、

妖怪ウォッチ2 本家 (永久同梱特典:ジバニャンメダル コマニャチ 同梱)
妖怪ウォッチ2 元祖 (永久同梱特典:ジバニャンメダル ニャイーン 同梱)

のいずれも予約できます。

ただし、ネットショップと違って、予約方法がちょっとだけ面倒なんです。

サークルKが運営している「おみツー(お店通販)」というサービスがあるのですが、これは通常の通販サービスやネットショップではなく、店頭での申し込みや予約・受け取りを前提としたサービスなんです。

サークルKのおみツー

具体的には、サークルKのお店に行って、カルワザステーションという端末を操作し、商品番号を入力し、予約発行券を発行した後、レジで現金決済してくるだけです。

妖怪ウォッチ2を予約できる

注意点は、現金での決済しかできないこと。カード決済やデビットカードでの決済は不可でした。

もともとカルワザステーションは、ローソンのロッピーンなどと同じく、コンサートのチケットや、旅行などの申し込みを行うための端末ですが、こうした端末が投入されている理由のは、お店への来店率を上げるため。コンビニ内のATM、郵便、宅配便、雑誌、トイレ貸出などのサービスと同じようなものです。

それ自体で利益を上げるというよりは、それを利用したい人を拾って来店客数を伸ばすという類のものですね。

このおみツーは、来店機会を強制的につくるサービスでもありますが、さすがは大手コンビニチェーンだけあって、良心的な価格で予約を受け付けてくれるので安心です。

端末を操作していくと、レシートが出てくるので、それをもってレジへ直行。

現金で決済を済ませると、商品受け取りのためのチケットを発行してくれます。

youkaiyoukai

あとは、発売日にお店に行って受け取ってくるだけです。

ということで、妖怪ウォッチ2の予約をしたい方は、高額なプレミア価格で売っているお店から予約購入するのはやめて、今すぐサークルKにダッシュしてみてくださいね。







-ゲーム

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved.