ネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー部

D.I.Y.

自分で網戸を設置できる、川口技研のOKアミドを買ってみた

投稿日:2012年10月1日 更新日:

網戸のない窓に自分で網戸を取り付けられる、川口技研のOKアミドというものを買ってきました。

OKアミドで自分で網戸を設置する

網戸のない窓がいくつかあるのですが、換気をするために開けようにも、夏場だと虫やゴキブリなどの害虫が侵入する恐れがあります。

そのため、小さく開けて換気やら風通しをよくしたりしていたのですが、そもそも小さく開けても虫が入ってくることには違いないじゃないかということになり、今更ながらに網戸をつけたくなったのです。

でも、わざわざ工事業者さんやリフォーム業者さんを呼んできて、計測してもらって、つくってもらうのも面倒だし、そんなに費用をかけてまでやらなきゃならないことでもない程度の希望具合。

かといって、マジックテープで取り付けるような網戸ではさすがに不格好だし、すぐにダメになりそうな気もします。

そこで、できれば自分で手軽に網戸が付けられないだろうかと思い、購入したのが、川口技研の「OKアミド」というシリーズ。

このシリーズは、取り付け部分がスプリングの可動式になっているため、プラスマイナス数センチ程度の範囲なら、高さが自動的に合うというすぐれもの。

写真ではわかりにくいかも知れませんが、こんな感じで伸縮します。

もっとも、横幅こそサイズは決め打ちになりますが、窓のサイズよりも広ければ何とかなるので、さっそく取り付けを開始です。

といっても、やることはほとんどありません。

最初に側面のねじをドライバーでねじをゆるめて、窓のサッシにひっかける。

そのあと、外れないようにするために、ゆるめたネジをちょっとしめる。

微妙な高さは、枠がスプリングで押し上げられますので、勝手にピッタリとおさまってくれます。

手順としては、これだけなので、思った以上にあっけなく取り付けが終わってしまいました。

これで価格は3000円程度なので、業者に頼んであつらえてもらうよりもはるかに手軽で手頃。

いろいろなサイズが発売されているので、サイズさえ合えば、なかなかお得なチョイスだと思います。

ひとつだけ注意点があるとしたら、OKアミドには通常タイプと外付けタイプの2つがあるということ。

構造的な違いがあるわけではなく、サイズだけの違いなのですが、似たような型番でも、外付けと書かれているものと、そうでないものは、高さが微妙に違いますので、注意が必要です。

この点さえ注意すれば、適切なサイズを購入することができますので、ネット通販で購入するときには注意してもらえればと思います。

【参考情報】リフォームの一括見積サービス「リショップナビ」に申し込んでみた一部始終







-D.I.Y.

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved.