セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

D.I.Y.

網戸の滑りが悪いときに、一発で解消してくれるシリコンスプレー

投稿日:2012年2月18日 更新日:

使う機械は少ないものの、シリコンスプレーを一本もっていると便利です。

KURE [ 呉工業 ] シリコンスプレー

夏場になると網戸はかかせないアイテムのひとつですが、久しぶりに開け閉めすると、ずいぶんと滑りが悪い時がありますよね。

とりあえずの応急処置として、レールにこびりついた泥や汚れなどをハケや掃除機で掃除してみるのも手ですが、もっと簡単に滑りをよくする方法があります。

それがこの、KUREのシリコンスプレーです。

KURE [ 呉工業 ] シリコンスプレー

網戸の下の方には、網戸のレールに沿って動かせるように、戸車という部品がついています。

網戸の戸車

この戸車の動きが悪いと、レールの上をうまく滑っていかないので、開け閉めが引っかかるのです。

そこで、この戸車をツルツルさせてくれるワックスのようなものが、このシリコンスプレー。

網戸の戸車には絶対に油を使ってはいけない理由!!

同じKUREからは、クレ556という潤滑剤もありますが、ぜったいに使ってはいけません!

こちらを網戸の戸車にスプレーしてしまう人もいるかもしれませんが、実はかえって具合が悪くなります。

というのは、潤滑油というくらいなので、中身は油。

そのため、大気中のほこりや家の中から発生するハウスダストなどの汚れが付着しやすくなり、それが戸車部分に深く侵入してしまうので、かえって滑りが悪くなってしまうのです。

その点、このシリコンスプレーの中身は、防水スプレーや曇り止めなどにも使われているシリコン。

簡単にいえば、戸車などのプラスチック部分にろうそくのロウを塗りこむようなものです。

ふすまや障子など木製の建具を滑りやすくするために、ろうそくのロウを塗りこむことがよくありますが、それと同じ効果をもたらしてくれます。

もちろん、ある程度は泥や汚れを落としてからスプレーする方が好ましいですが、汚れたままスプレーしてしまっても大丈夫です。

ツルツルすべるワックスみたいなものなので、泥やらほこりなどを巻きこんでしまうことはありません。

効果的な使い方のコツとしては、気前よくスプレーすること。

戸車にシリコンスプレーを塗布する

付属のストロー状の管を差し込んで、戸車部分に局所的にスプレーするとよいのですが、3秒~5秒くらい勢いよくスプレーしておくと、とてもよく効きます。

使用上の注意点としては、室内では使わないこと。

というのは、付着した部分がものすごく滑るようになるので、リビングのフローリングや、浴室・トイレなどのビニール床などに付着すると危険だからです。

そのくらい、メチャ滑るようになります。

もちろん、用途は戸車などの潤滑だけでなく、離型、ツヤ出し、防水効果などもあるため、タブレットPCなどの画面に塗りこんで滑りを良くする方もいるようです。

要は、油を使わずに滑りを良くしたいという用途全般に使えるスプレーです。

とはいっても、自転車のスタンドや玄関ドアなど、金属部分の潤滑油として使えるクレ556に比べると、家の中では網戸の戸車対策くらいにしか用途が思い浮かびませんが、価格も手ごろなので、一家に1本あるととても便利だと思います。

網戸の滑りが悪くて困っている方は、ぜひ試してみてください。

ちなみに、アマゾンでは赤い缶のものが売っていますが、ここで紹介しているものと内容は同じです。

大きめのホームセンターならたいてい売っていますが、KUREの製品は似たようなものがたくさんあります。

店頭で購入する場合は、くれぐれもグリス(粘度の高い油)入りのものは買わないように注意しましょう。

ゆがみが原因の場合は修理や交換も視野に入れて

どんなに頑丈に見える建材も、経年劣化は避けられないものです。

たとえばマンションであっても、築20年もすれば少しずつ歪みは生じてくるもので、動きの悪さの原因が汚れやゴミではなくなっている可能性があります。

戸車の掃除やレールの掃除、シリコンスプレーによるメンテナンスでも改善されなかった場合は、戸車のパーツ自体の損傷や、網戸そのものが歪んでいることも考えられます。

そんなときは、リフォームショップなどで一度現地調査だけでもやってもらうと、原因がはっきりします。

キッチンの入れ替えや、ガステーブルの交換、トイレの便器の入れ替えなどはいかにもリフォームという感じがしますが、こういったちょっとした営繕修理も大事なメンテナンスのひとつです。

資産価値をできる限り維持するためには、こうしたこまごまとして手入れが欠かせませんが、そんなときに役立ってくれるのが、リショップナビなどのリフォーム見積もりサイトの存在です。

現在の困っていることを相談するノリで必要事項を送ると、近隣の優良リフォーム店をピックアップして紹介してくれるサービスなのですが、

「こんな仕事はどこに頼んだらいいんだろう?」

という場合でも、それに応じた業者さんを紹介してくれるので、けっこう便利なんですよ。

もちろん、問い合わせて紹介してもらったからといって、かならず工事を依頼しなければならない義務もありませんし、現地調査に来てくれる業者さんも基本的にそういうサービスだと分かってきているので、しつこい営業活動などは一切ないことが特徴です。

わたしがリショップナビを使ってみた感想はこちらで詳しく紹介していますので、リショップナビのような一括見積サイトを利用してみたい人は参考にしていただければと思います。

⇒リショップナビの評判は?じっさいに使ってみた一部始終







-D.I.Y.

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.