セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

デジカメ

富士フィルムの高級コンデジ FinePix X100の全容と詳細

投稿日:2011年3月9日 更新日:

10万円を超える超高級デジカメなのに飛ぶように売れていて、品切れ店続出という、富士フィルムのFinePix X100。

finpixx100

ハイブリッドビューファインダーを搭載した超贅沢仕様の高級コンデジのスペック詳細です。

カタログ写真の高級感を期待すると、若干期待外れだという言う意見もありますが、高級コンデジ市場にかなりの後発組として参入した富士フィルムが本気で作ったデジカメとして、カメラ業界の注目を一身に集めています。

◆ハイブリッドビューファインダー搭載
被写体を目で見たままに捉え、クリアな視界でフレーミングができる光学ファインダー(OVF)のメリットと、ファインダーの中にシャッタースピードや露出等の情報を表示できる電子ビューファインダー(EVF)の利便性を両立させた、富士フイルム独自の「ハイブリッドビューファインダー」を搭載しフレーミングしながら多彩な情報を確認可能。

◆新開発のF2レンズを採用
カメラの薄型・小型化と高画質を高いレベルで両立するため、レンズ固定式、非沈胴の単焦点フジノン35mm(35mm換算) F2レンズを新規に開発。
レンズへの光の入射角が固定されることで、その角度に合わせた最適な光学設計が施せるという固定式短焦点レンズのメリットを生かし、撮影画面の中心部はもとより、周辺まで高い解像感を実現。

◆1230万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーの採用により、低ノイズ・高画質を実現。
新開発したフジノンレンズの性能を最大限ひきだせるよう、センサーの中心部だけでなく、周辺部においても充分な光量を確保できるようマイクロレンズなどの構成物の配置を最適化し、マイクロレンズからフォトダイオードへの光の入射角を拡大することで集光効率を向上。
さらに、信号処理の応答性能がより高速化した新「EXRプロセッサー」と組み合わさることで、富士フイルムが培ってきた高解像度/高感度/ワイドダイナミックレンジ技術を生かした、FinePix史上最高峰の画質を実現。
ハイビジョン動画や連写なども最適に撮影可能。

◆小型化、操作性を高次元でバランスさせたボディ構成。
マグネシウム合金を採用した天面軍艦部トップカバー/底面。
全て金属ブロックからの削りだし工法で加工され指がかりなどの微妙な感触や操作性の向上を追及したダイヤル、リング類。
高級感あふれる高級レザー調の仕上げがシックなボディなど写真撮影する歓びを掻き立てる高品位なデザイン。

◆常用感度ISO200~6400、拡張感度でISO100・12800が選択可能。
また、設定したISO感度と、その条件に必要な適正露出を見ながらISO感度を自動で調整制御する「ISOオート設定」、Velvia/PROVIA/ASTIAと3種類のフィルター効果を使ったモノクロ撮影が可能な「フィルムシミュレーションモード」、露出/ISO感度/ダイナミックレンジ/フィルムシミュレーションの4つの多彩なオートブラケッティングなど富士フイルム独自の画質調整機能搭載。

◆多彩な機能OVFモード時は、節電して撮影可能枚数をアップさせるOVF撮影枚数UPモードや、カメラを素早く起動させるクイック起動モード(「パワーコントロールシステム」)、シャッタータイムラグのきわめて少ない快適な撮影画可能な49点測距可能のコントラストAF方式、最大で毎秒5コマの高速連写、HD動画対応など撮影意欲を掻き立てる多彩な撮影機能を搭載。







-デジカメ

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.