セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

クレジットカード

イオンカードから毎月送られてくる明細と特典について

投稿日:2013年5月23日 更新日:

ネットで買い物をする以上、決済の手段としてクレジットカードはもはや持たざるをえないもののひとつです。

イオンカードと楽天カード

そこで、できる限りシンプルに、かんたんに、還元ポイントを最大化・集中化させるために、楽天カードとイオンカードの2枚持ちをおすすめしていますが、今回は、イオンカードに入会すると、どのような利用明細が送られてくるのかをご紹介します。

この、「明細が紙で郵送されてくる」ということが、とても重要だと思います。

というのは、なかば強制的に買い物履歴を見せつけられることによって、少しでも反省できる機会が増えるからです。

「先月は使い過ぎてしまったな」
「これはいらないものだったな」
「ちょっと高速道路に乗り過ぎたかも」

ついつい気が大きくなって無駄遣いをしてしまう私などにとっては、こうした「振り返り」ができることは、金銭感覚を正常に保つために必要なことだと思っています。

もちろん、その痛みを忘れて、また買い物をしてしまうのが悲しいサガなのですが、その反省期間がたとえわずかだったとしても、全くないよりはるかに意味があると思っています。

さて、イオンカードに入会すると、実際にどのような明細が送られてくるのかですが、こんな感じです。

イオンカードの明細

スカイブルーの封書で、なかにはカード会員専用のチラシが同封されています。

aeoncard-meisai

まずはカードの利用明細。

aeoncard-meisai2

右上には合計請求額が大きく印字されており、その下には細かく利用明細が掲載されているので、いつ、どこで、何の決済に利用したのかが一目瞭然です。

そして、イオンカードならではの特筆すべきメリットとして挙げたいのが、同梱されているチラシやクーポン類。

たいていのクレジットカードの利用明細には、なにかしらの広告物が入っていますが、たいていは面白くない冊子だとか、金融商品の紹介だとか、抱き合わせで入っている広告だとかで、役に立ったためしがありません。

ところがイオンカードの場合は、さすがは生活密着型のクレジットカードだけあって、現実的で、けっこうお買い得な商品やら、カード会員だけに提供される割引商品やらが多数掲載された「カード会員専用チラシ」が入っています。

カード会員だけに提供される特別割引商品だけを掲載したチラシが入っているのですが、意外とタイムリーで話題になっている商品が多く、エアコンなどの季節家電、グーグルネクサスなどのタブレット、ダイソンのクリーナーなど、人気の商品がかなり安く買えます。

aeoncard-meisai4

楽天のスーパーセールのように、「セール用商品の在庫処分」のような商品ラインナップではなく、ちゃんと魅力的な商品が、カード会員のみに提供されているので、非常に好感が持てます。

それとは別に、当月のうちの1日だけに限り、お得な割引額で買える1DAYパスポートも同梱されていて、使い勝手が良いです。

aeoncard-meisai3

季節に応じた生活必需品が中心に割り引かれるクーポンなので、イオンでの買い物には大変重宝します。

そのほか、カード会員だけに案内されるお値打ちなパッケージ旅行や懸賞、そのほか広告類と、なかなか充実していますので、この明細が送られてくること自体も、ちょっとした楽しみになっています。

ペーパーレスサービスは使うべきか?

ちなみにイオンカードは、環境宣言と称して、「web明細」なるものの利用を推奨しています。

これは、クレジットカードの明細を郵送で送らず、WEB上だけで見るサービスで、強制ではありません。

標準の契約状態では、明細は毎月郵送で送られてきますので、携帯電話の支払い明細のように、「紙による明細の郵送を希望する人は有料」というものではありません。

その代わり、web明細の利用者には、特典として毎月ときめきポイントが10ポイント付与されることになっています。

しかし、わたしはこのWEB明細の利用は、絶対におすすめしません。

なぜなら、使い過ぎへの警戒が薄れてしまうことと、使い過ぎに気づくチャンスをみすみす無くしてしまう危険性があるからです。

ただでさえ使った日と、実際に請求される日がズレているために、お金を使ったことの感覚がマヒしてしまいがちなのに、その「痛み」を知ることさえなくなってしまうペーパーレス化は、金銭感覚を破たんさせてしまうのではないかと思うのです。

イオンとしては、ペーパーレスにすることで、発送のコストを下げる目的があるものと思いますが、10ポイントといえば2000円分の買い物でもらえるほどのわずかなものなのですし、現金への還元率が0.4~0.5%なので、わずか5円程度のメリットしかありません。

たった5円分のために、見直しの機会を奪われてしまうのは非常にリスキーな行為だと思いますので、くれぐれも明細は紙で郵送してもらうことをお勧めします。

⇒イオンカードの申し込みはこちらから

イオンモールを利用する機会がある人には便利です。

カードそのものの特典もありますが、毎月送られる限定クーポンチラシやイオンモール内の専門店(アパレルなど)やらでのセールに有利です。近所にイオンがある人にはおすすめです。







-クレジットカード

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.