ネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー部

クレジットカード

イオンカードのセキュリティ対策が素晴らしい

投稿日:2013年8月26日 更新日:

クレジットカードを持つなら、イオンカードと楽天カードの2枚持ちをおすすめしていますが、今回はイオンカードのセキュリティ対策への取り組みが素晴らしいので、ぜひ紹介したいと思います。

クレジットカードに限らず、インターネットからログインして送金などをできる銀行はたくさんありますが、こうした操作で恐ろしいことが、勝手にお金を引き落とされたり、買い物をされたりといったサイバー犯罪です。

そもそもフィッシング詐欺は、架空の偽ページでログインをさせることによって、IDやパスワードを盗み出すものですが、いったん相手方にログイン情報が盗まれてしまうと、お金を不正に引き出されたり、不正に送金されるなどの被害が生じます。

インターネットの普及によって、クレジットカードの利用明細をオンライン上でいつでも見ることができるなどの利点がありますが、これは同時に、攻撃対象になることも意味しています。

そうすると、やはり利用者自身が高いセキュリティ意識を持って、自らアンチウィルスソフトなどを準備するなどして対策をしておかなければなりませんが、イオンカードは、キーロガー(何を入力したかを盗み見るスパイウェア)や、パケットスニッファ(どんな通信を行っているかを盗み見る技術)などを防止するために、独自にカスタマイズされたアンチウィルスソフトを配布しています。

それが、オンラインセキュリティとして評価の高い、「nProtect:Netizen」というセキュリティソフトです。

ionsecu

これは、ウィルスやスパイウェアからパソコンと重要情報を保護してくれるセキュリティソフトの一種ですが、パソコン上からイオン銀行やイオンのクレジットサービスをを利用しようとすると、自動的に立ち上がり、パソコンを監視してくれるソフトウェアです。

この「nProtect:Netizen」のイオン専用バージョンを、イオンは無償で提供しています。

ionsecu2

イオンの関連サービスを利用しているときだけ常駐し、イオンのサービスを離れると自動的に終了してくれる優れモノです。

ionsecu3
▲こんな風に、自動的にタスクバーに常駐して、不正な通信が行われていないかを監視してくれる。

イオンが特別に提携して配布されているプログラムなので、あくまでもイオン関連サービスを利用するときのみ自動起動し、イオン関連のサイトから離れると自動的にシャットダウンされる仕組みになっていますが、こうしたサービスを提供してくれるクレジットカード会社は非常に珍しいものです。

こういった点は楽天銀行や楽天カードはぜひ見習うべきではないかと思います。

楽天カードはネット専業銀行のひとつなので、オンラインでのログインが当たり前であり、ネット上でしか明細を確認することができないのですから、むしろ楽天銀行こそこういったサービスを率先して導入すべきではないかと思いますが、こうしたセキュリティ対策にも先手で対応してくれるイオンカードは、やはり大きな安心感があるのではないかと思います。

⇒イオンカードの申し込みはこちらから







-クレジットカード

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved.