セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

クレジットカード

楽天銀行のVisaデビットカードをもつ利点

投稿日:2012年9月21日 更新日:

Visaデビットカードの詳しい説明やレビューはこちら(楽天銀行のVISAデビットカードを申し込んでみた)に掲載していますが、かんたんにいえば、見た目はクレジットカードそのものなのに、実は単なるキャッシュカードという互換カードみたいなものです。

楽天銀行のデビットカード

通常のクレジットカードは、買い物の決済をしても、請求されるのは2カ月後くらいですが、Visaデビットカードの場合は、即日請求されるのです。

つまり、イーバンクに入っている金額分しかカード決済ができないので、「借金をしない」ということができるのです。

クレジットカードは、早い話が借金カードです。

2か月先に支払うことを約束して、カードを使うわけです。

お店としては、カード会社に数%の決済手数料を取られますが、「手持ちのお金がない」という理由で逃がしてしまう客にお金を使ってもらうことができるので、手数料を支払ってでもカード決済をしてくれた方がありがたいわけですね。

また、カード決済が通ったということは、その代金の回収はカード会社が行うことになるので、お店としては取っぱぐれがないということも、手数料をはらってでもカード決済を導入する理由となっています。

でも、クレジットカードで支払うということは、一時的に借金をしているわけでして、キャッシング、サラ金でモノを買っているのと変わらないわけです。

だからこそ、なるべくカードは使いたくないと考えているのですが、光熱費や生活必需品、どうしても買わなければならない品物などは、たとえ支払い時期がずれても、どのみち支払うわけなので、

「どうせ消費せざるを得ないものなのなら、せめてポイントだけでも還元してもらおう。でも、面倒くさいことに手を出さすと、時間や手間というコストに化けてしまうので、シンプルかつそれなりのメリットがあるカードを持とう」

ということで、イオンカードと、楽天カードの2枚持ちをすすめています。

しかし、「ポイントをもらうために買い物をする」という逆転現象が起きてしまっては、せっかくのクレジットカードが障害となります。

そこで、こうしたVisaデビットカードのようなものがあるのですが、メリットはなんといっても「無駄遣いが減る」ということです。

というのは、クレジットカードは少なくとも30万円程度の限度額があるため、今手元に1万円しかなくても、30万円の買い物ができてしまいます。

わたしのような、すぐに気が大きくなってしまうようなタイプは、ついつい使ってしまう恐ろしさがあるのです。

手元にお金がなかったとしたら、絶対に買っていなかったような買い物経験が結構あります。

そうしたものを、衝動買いだとか、無駄遣いだとか、浪費だとかいうわけですけれども、少なくとも預金口座に入っている以上の金額はカード決済ができないわけで、結果的に無駄遣いを抑えることができるということなのです。

よって、上記のような「クレジットカードは怖くて持てない」という人にも最適ですが、どうしてもクレジットカードでなければならない買い物もあります。

そうした用途に限定した決済専用カードとして楽天Visaデビットカードを使うのは安心だろうと思いますので、もしもなるべくリスクなくカード決済の手段を持ちたいと考えている場合には、楽天カード、イオンカードと並んで、楽天Visaデビットカードも持っておくとよいでしょう。

年会費は1000円かかりますが、カードを持たなければ使わずに済んだお金のことを考えれば、安い保険料かもしれません。

ちなみに、通常の楽天カードは、入会時に、たまにポイント還元サービスをやっています。

カードそのものを作ることや使うことはあまりおすすめできることではありませんが、イオンカードを日頃の生活必需品、光熱費などの決済専用カードにし、楽天カードをネット通販専用決済カードにして使えば、使ったお金の管理も楽ですし、ポイントも分散しにくいですし、ポイント還元などソコソコの利用メリットもあります。

もしも普通のクレジットカードを持つ場合は、いずれかの選択をするのがおすすめです。

楽天カードの新規入会はこちらから







-クレジットカード

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.