セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー部

カーナビ 取り付け

その6 カーナビ取り付けの準備編 ハーネスの接続

投稿日:2012年10月1日 更新日:

車に設置しに行く前に、まずは下準備です。

ケンウッドのMDV-333には、電源周りの基本ケーブルをはじめ、GPSアンテナや、フィルムアンテナ、ワンセグ用アンテナ、映像系ケーブルなどが付属しています。

mdv-333-cord1

まずは、ナビに付属の電源コネクタ類と、20ピンのカプラとの接続を行います。

mdv-333-cord2

なるべく車体側のケーブルをいじらない方向で作業を進めたいので、まずはエーモンの取り付けキットのなかに入っている、ハーネスとの接続を行います。

mdv-333-cord3

最初はハーネスと言葉の意味すらわからなかったのですが、どうやら変換コネクタなどを総称して呼んでいるようです。

ちなみにコネクタ類のことは、カプラというらしく、5ピンのカプラ、3ピンのカプラなどといった呼ばれ方をするみたいです。

さて、さっそく接続していきますが、基本的なケーブル類は各社ともケーブルの色が統一されているようで、ナビに付属のケーブル類と、20ピン用のハーネスとの接続は、余り迷うことはありませんでした。

mdv-333-cord4

この接続用の端子のことをギボシというらしく、それぞれ対応している色のコネクタにしっかりとつないでいきます。

mdv-333-cord6

接続の途中、ギュッと押し込むと、カチッという手ごたえがあります。

mdv-333-cord5

車速信号ケーブル、バック信号ケーブル、パーキングブレーキケーブルは、車側からのびているケーブルと接続することになるので、この準備の段階ではまた使いません。

それ以外の電源、アクセサリー電源、スピーカー等ケーブルなどを接続していきます。

ちなみに、USBケーブルはナビ本体に直結されていますので、特に触るところはありません。

mdv-333-cord7

ここまででき上ったら、ケーブル類の接続準備はひとまず完了です。







-カーナビ 取り付け

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.