セノビックや白髪染め、ミネラルウォーターなどネット通販で買ったものを徹底レビュー

ネット通販レビュー

衣料品

激安なのに超あったかい!楽天で大絶賛の羽毛布団を買ってみた

投稿日:2015年11月12日 更新日:

楽天の「タンスのゲン」というショップで大絶賛されていた羽毛布団を買ってみました。

羽毛布団 7年保証 【送料無料/即納】 羽毛布団 セミダブル ホワイト ダウン90% 350dp以上 かさ高145mm以上 CILシルバーラベル 新技術 アレルGプラス 消臭 抗菌

最寄りの布団店で購入した羽毛布団は2枚あるのですが、北側にあるわたしの部屋にだけ羽毛布団がありませんでした。

普段はあまり自室のベッドでは寝ないので、それほど困ったことはなかったのですが、こどもが大きくなってきて一緒に寝られなくなってきたこともあり、とうとう自分の部屋で寝ることに。

そうすると、掛け布団がないわけでして、もうそろそろ寒くなる時期なので羽毛布団を買い増ししようとしていました。

ところが、最近は羽毛の価格が高騰しており、以前ほど安く買うことができなくなってきたこともあって、ネットで手軽な値段の羽毛布団がないかを探していました。

羽毛布団は本当にピンキリの世界で、1枚数千円のものから10万円を超えるものまであります。

ただ、うちにはメインクーンという猫がおり、この猫が期限を悪くすると布団の上でわざと粗相をするため、あまり、せっかくだからと一生ものになるようないい布団を買うわけにもいきません。

かといって、7点セットで1万円なんていう激安の羽毛布団だと、さすがに暖かさはありません。

わたしも以前にこの手の「敷布団、掛け布団、まくら、枕カバー、布団カバー、シーツ」などがセットになって9980円くらいの激安羽毛布団を買ったのですが、布団が薄いわりに重たく、おまけに大して暖かくないということを経験しているので、いくらたくさんレビューがついていたとしても買う気にはなれませんでした。

ということで探していたのが、1枚15000円までの羽毛布団。

また、けっこう寝相が悪いので、大きめの羽毛布団がほしいということで、シングルではなくセミダブルで15000円までで購入できる羽毛布団を探していたんですね。

そこで見つけたのが、楽天にある「タンスのゲン」というショップの羽毛布団。
これです。ホワイトダックダウンが90%含まれていて、ダウンの性能を示すダウンパワーが350以上という日本製羽毛布団。

商品名には「毛布団 7年保証 【送料無料/即納】 羽毛布団 セミダブル ホワイト ダウン90% 350dp以上 かさ高145mm以上 CILシルバーラベル 新技術 アレルGプラス 消臭 抗菌 羽毛布団 日本製 」とあります。

関係ありませんが、楽天の商品名って、検索対策のせいでめちゃめちゃ長いタイトルが多いですよね(苦笑)

今回も「何回羽毛布団を繰り返すねん」というほど長いタイトルでしたが、この名前が正式名称です。

価格はセミダブルで税込み、送料無料の13800円。ちょうど予算内に収まります。

シングルサイズだともっと安くて、税込み、送料無料の9999円。

羽毛布団の暖かさを示す値に、DP(ダウンパワー)という指標があるのですが、このダウンパワーが350と、けっこうお値打ちな割にはなかなかの性能。

また、布団のかさが145ミリと、結構な厚みがあるので、迷った挙句に買ってみることにしました。

もっとも、

「なんでタンス屋が羽毛布団?」

とも思ったのですが、とくにタンスに限ったショップではないようで、羽毛布団へのレビューも結構あります。

今回わたしが買おうとしたのは、セミダブルのほうなので、レビュー数は300件ほど。

1万件以上のレビューを集める羽毛布団屋と比べると少な目なんですが、そのレビューの大半が4つ星、5つ星で期待できそう。

さらに、これと同じ羽毛布団のシングル版(9999円の方)のレビューは4000以上あり、4つ星が1500件以上、5つ星が2500件以上と、ほぼ大絶賛。

ということで、セミダブル版も期待できそうということで、迷いを押し切って注文してみることにしました。

柄は、無地のブラウン、ベージュ、チェリーピンクのほかに、キカ柄のブルー、キカ柄のピンク、花柄のローズ、花柄のブルーの7種類がありますが、今回購入したのはキカ柄のピンク。

こんな柄です。

kikagaku

ちなみにキカ柄のキカとは、幾何学模様のキカが語源らしく、測量の必要上からエジプトで生まれたものなのだそうです。

注文してから3日後には到着。

届いてまず驚いたのは、ペラッペラだったこと。

圧縮した状態で送られてくることはわかっていましたが、最初は「えー、こんなペラペラであたたかいのかよ」と疑ってしまいました。

ただ、1~2日陰干しするようにときさいされていたので、広げた状態でベッドの上に置いておき、仕事から帰ってきてから見てみると、明らかに昨日よりボリュームアップしています(笑)

けっきょく2日間陰干し状態にしたところ、商品写真にあったようなモッコリした状態になり、最初に届いたときに比べると5倍くらいの厚みになっていました。

まだそこまで寒くない時期なので、極寒状態での暖かさを確認することはできませんが、とにかくふとんが軽いです。

もともと羽毛布団は、かぶって「暑い」というより、「人肌の温度をずっと保っていてくれる」というイメージが強いので、ちょっと肌寒い時にはそれなりに、ものすごく寒い時には強力に機能してくれる点がありがたいです。

いわば、寝ている間中、ずっと適温のお風呂に入っているかのような感じですね。

また、肌触りですが、表面がピーチスキン加工されているせいもあって、しっとりとしていつつもさらりとしていて、とても気持ちいいです。汚れを気にされる場合は布団カバーを使ってもいいのだと思いますが、わたしの場合はメインクーンに悪さをされると一巻の終わりなので、カバーは使わずそのまま使っています。

また、羽毛布団やダウンジャケットは、ダウンが偏らないようにキルト加工されて仕切られているのですが、この羽毛布団は立体キルト加工といって、それぞれの仕切りにマチの部分があります。

立体キルト加工

上記は商品説明のページから持ってきた画像ですが、ようは、ダウンを挟んでいる布団の生地と生地が完全にくっつかないように仕切られているので、モコモコしており、冷気が入ってきにくい仕様になっているのです。

このため、ふんわりとした厚みが確保されつつ、なおかつ冷たい冷気が入ってくる隙間がないということで、一石二鳥の効果を持たせています。

ほかに気づいたことは、臭いがあんまりしないことです。

安い羽毛布団のなかには、羽毛そのものの臭いがキツく、なかには「鳥小屋のようだ」とまで揶揄されるほどの臭いを放つ羽毛布団もあるのですが、今回購入した羽毛布団はあまり臭いはありませんでした。

もちろん、レビューのなかには「ちょっと臭いがする」と書いてある方もいましたが、わたしはそこまで気になることはありませんでした。

この点に関しては、天気の良い日に天日干しをすると、かなり臭いは緩和されますので、気になる方は土日などの休みの日に天日干しされるとよいと思います。

ダウンがよりふんわりとするので、臭い対策とふんわり対策の一石二鳥です。

ということで、わたしとしてはかなり気に入りました。

日本製ということもあり、縫製はしっかりしていますし、なによりお手ごろな価格なので、うちの猫に悪さをされても「あーあ」で諦めがつくところが嬉しいです。

もっとも、メーカーでは7年保証を謳っていますので、普通に使っても5年くらいは余裕で使えそうです。

これからどんどん寒い時期になっていきますから、今のうちに石油ファンヒーターや裏起毛仕様のパンツ、着る毛布などの冬対策を進めているのですが、羽毛布団は寒くなると急激に売れ始めて売り切れになってしまうことが多いので、もしもこの機会に「軽くてお値打ちな羽毛布団を買ってみようかな」と思われている方にはおすすめできる一品だと思います。

説明ページにはけっこう詳しく乗っていますので、羽毛布団の購入を検討されている方はぜひご覧になってみてくださいね。







-衣料品

Copyright© ネット通販レビュー , 2018 AllRights Reserved.