ネット通販で購入した商品レビューと口コミ

ネット通販レビュー部

Wimax2+

Wimax

最高速度220M!Wimax2+の爆速っぷりに驚愕!固定回線とモバイル回線を1つにできる唯一無二の選択肢(だった)

投稿日:2015年5月31日 更新日:

記事公開後にWiMAXに重大な仕様変更がありました。ご注意ください。

光回線を導入できない環境下で、固定回線の代わりにWimax2+を使っているのですが、先日Wimax2+が大々的に紹介されているブースに立ち寄ってみると、その速度の速さに驚いている人が多数いました。

wimax2

旧Wimax時代の40Nbpsのイメージが強いからなのか、LTE全盛期のいまでは魅力が少ないですが、「Wimax2+の最高速度220Mbpsで速度制限なし」という売り文句はかなりのインパクトがあるようで、興味を持っている人が多数端末を触っていました。

なんともサイバーな衣装をきたお姉さんがアンケートをとりつつ紹介していました。

wimax22

わたしはもうすでにWimax2+のユーザーなのですが、これ、メチャメチャいいです。

月額費用が3696円の「UQ Flatツープラス」というプランは、月間のデータ通信料が7GBまでのという制限がありますが、「UQ Flar ツープラス ギガ放題」というプランは、文字通りデータ通信料の制限が一切なし。

220Mbpsの超爆速通信を最大限生かせるプランです。

端末が複数ありますが、おすすめはなんといってもNECのWX01という最新端末。220Mbpsの高速通信に対応している最新端末です。ただ、おすすめはこのWX01の端末単体ではなく、クレードルとセットの「WX01クレードルセット」なんです。

というのは、有線LAN経由で接続したときの速度がぜんっぜん違うからなんです。

クレードル経由で有線LAN接続してspeedtestをやってみると、余裕で40Mを超えており、調子がいいと60Mを超えます。

アップロード速度は最高でも5Mくらいしか出ませんでしたが、FTPでデータをアップロードしたり、頻繁に動画をアップロードをするでもない限りは、のぼりの速度が遅くても全然困らないため、まさに光回線の代わりになるといっても過言ではないほどです。

ということで、WX01単体だけなら2800円で購入できますが、もしも自宅でも使うのなら、2000円を追加してクレードルセットをおすすめします。

wimax23

huluなどのストリーミング動画サービスで使っていますが、バッファが不足することは全くなく、高画質モードでまったく問題なく使えます。

屋外で利用する時は、Wimaxの端末にWI-Fi接続して使うと思いますが、自宅内でデスクトップPCやノートPCを接続して使う場合は、ぜったいにクレードル経由(有線LAN)で使った方がいいです。

肝心の申し込み方法もめちゃめちゃかんたんでスピーディ。

ネット上から申し込んだ後、本人確認のための証明書(免許証や住民票)をブラウザ上からアップロードするだけで完了。

申込み者の住所や連絡先、カード情報などを入力して送信すると、すぐさま本人確認のための書類をアップローそしてくださいとの連絡がきますが、本人確認できたかどうかの連絡もアップロード後、数十分で完了。

申し込みから端末到着まで最短1日でした。

届いた端末にSIMカードを差し込ん無だけで完了です。

充電して電源をいれると、電波を受信して高速通信の準備完了。

クレードルを経由して有線LAN接続するなら、なーんにもさわるところすらありません。

Wi-Fi経由で接続する場合も、WPSに対応しているので、ワンタッチでペアリング作業が完了です。

ちなみに、Wimaxは多数の販売代理店がありますが、いちばんクセモノなのが、「端末は無料だけど初期費用がかかります」みたいなパターン。

どこのショップとは明記しませんが、、月額費用も安そうに設定していて、端末も無料なので「お得ジャン!」と勘違いしますが、初期費用が18,857円もかかるっていう「はぁ?」みたいなプランなんですよ。

そもそもWIMAXはどこで申し込んでも月額費用は変わらないので、ほかよりも異常に安く月額費用をうたっているWIMAXの代理店は、初期費用を取ることで「安く見せる演出をしている」ということなので、気を付けてください。

ということで、Wimax2+の申し込みは、公式サイトや大手プロバイダのWIMAXを申し込んだ方が安心です。

光回線を引きたくても、建物の形状や階数、回線の都合で光回線を導入できない場所など、光の固定回線と互角に戦えるだけの高速通信環境が手に入ります。

【WiMAX2+新端末登場!】速度制限ナシ!【ご契約で、商品券3,000円をプレゼント】

追伸:
3日間で3GB以上のデータ通信を行うと、翌日に速度制限をされることがありました。

必ず速度制限されるというわけではなく、基準もユルそうなんですけれども、仮に3日おきに速度制限されるとしても、1か月30日として、3日で3GB+1日制限を繰り返したとしても28GB以上のデータ通信ができるということで、7GBを上限としているドコモをはじめとする他のデータ通信プランよりもはるかに潤沢に使えます。

また、仮に速度制限をくらったとしても、WIMAX2+モードではなく、従来のWIMAXモード(ノーリミットモードといいます)に切り替えれば、40Mbpsは確保される点も融通が利いて便利です。

ただし、NECのWX01という端末はノーリミットモードに対応していないので、常時ガンガンにデータ通信をしたいという場合は、選択する端末をSpeed Wi-Fi NEXT W01 クレードルセットにしておくことをおすすめします。

【WiMAX2+新端末登場!】速度制限ナシ!【ご契約で、商品券3,000円をプレゼント】

-Wimax

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved.