ネット通販で購入した商品レビューと口コミ

ネット通販レビュー部

パソコン関連のレビューや口コミ

異端児すぎるマザーボードメーカー、ASROCK(アスロック)がアツい

投稿日:2013年9月10日 更新日:

ASROCKというマザーボードメーカーをご存知でしょうか?

ASROCKと書いて、アスロックと読みます。

台湾を拠点とするメーカーで、パソコンのマザーボードや、産業用のPCなどを製造。ASRockという名前では想像がつきにくいかもしれませんが、ネクサス7でも有名なAsusから2002年に独立した企業です。

その後、ペガトロンの傘下となったアスロックは、マザーボードのメーカーとして世界的なブランドとなり、現在は世界第3位にまで躍進。

自作PCの世界ではすでにお馴染のメーカーとひとつです。

その人気の秘密は、5000円強という低価格から、5万円を超える高価格帯の商品までの層の厚さと、クオリティの高さ。

とくに、マザーボード内に内蔵された液晶ディスプレイでオーバークロック状況などを確認できるOC FORMULAシリーズは機能美やスタイルに優れ、一線を画するかっこよさがあります。

asrock

マザーボードらしからぬ防水機能を付与したモデルや、SATAポートを10ポート搭載したマザーボードなど、他社とは異なるユニークなマザーボードも多数あり。

・1枚のマザーボードに異なる規格のCPUソケットを搭載

・ライザーカードを増設すると別規格のCPUが搭載可能

・2010年にSocket754(2003年登場の規格)マザーボードを発売

など、マニアにはたまらないモデルも多数あり、自作初心者からヘビーユーザー、ゲーミングPCユーザーからもカルト的な人気を誇っています。

日本では、主にドスパラが取り扱っています。

asrock2

初心者はもちろん、ちょっと変わったマシンを組み立てたい方、個性的な一台を組み立てたい方にもおすすめのマザーボードです。

↓ASROCKの特集ページはこちら

-パソコン関連のレビューや口コミ

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved.