ネット通販で購入した商品レビューと口コミ

ネット通販レビュー部

キャラメルポップコーンをつくる

子育て 食料品

キャラメルポップコーンをつくってみた

投稿日:2012年3月16日 更新日:

家でキャラメルポップコーンを作ってみました。

キャラメルポップコーンをつくる

三重県の長島にあるアウトレットモールに出かけたときに、ポップコーンの屋台があったのですが、ほんの少ししかはいっていないのに500円と結構な値段がするのです(苦笑)

観光客向け価格か知りませんが、なかなかむかつく価格設定です。

ただ、子供を連れて行くと、こういう出費は避けられませんよね。

アウトレットモールって、大人にとってはお買い得なアイテムがいっぱいでも、小さな子供にとってはちっとも楽しくありません。

見るものもないし、遊ぶものもないしで、つまらない場所に違いありません。

そうすると、キャラメルポップコーンのような「子供が喜びそうなもの」をねだられると買わざるをえないわけでして・・・。

ただ、できたてのポップコーンにさっとキャラメルをからめて作ってあるので、味はやっぱり美味しいです。

「家でつくったら安いんじゃないの?」

ということで、自宅で作ってみようと思いまして、材料を物色しているといいものを見つけました。

ポップコーンの素となるコーンと、キャラメルシュガーです。

とくに、キャラメルシュガーの方は、ポップコーンの老舗でもあるゴールドメダルという会社のもの。

ゴールドメダルのキャラメルシュガー

ユニバーサルスタジオやディズニーランドでも売っている、あのキャラメルポップコーンの味を、そのまんま自宅で再現できます。

で、作り方は簡単。

1.ふたのできる鍋やフライパンを用意してポップコーンの素をばらまく。

ポップコーンの素の方は、1キロ入っていますが、これ全部を作ってしまうとゴミ袋が満杯になるほどの「ふえるわかめ状態」なので、1回につき200グラムずつを目安にするといいと思います。

2.ちょっと多めに油をいれる(約30グラム。植物油の代わりにバターやマーガリンでもOK)

3.火をつけて30秒ほど炒る。

4.ふたを閉めて、フライパンや鍋をゆさゆさゆすりながら、さらに炒る。

5.ポップコーンはポンポンはじけ出すので、音が静かになったら火を消す。

6.キャラメルシュガーをまぶしてかきまぜる。ポップコーン200グラムに対して30グラムくらいでいいかと思います。

これだけなんですが、うまく作れるようになるまではコツが要ります。

まず、ポップコーンを炒るときは、音が完全に無くなるまでやらずに、はじける間隔が短くなってきたら火を消すこと。はじけていないコーンがいくつか残りますが、ずっとやっていると焦げ始めてしまいます。

popcorn4

また、これが一番難しいのですが、キャラメルシュガーをまぶすときは、手早くかき混ぜてからませることです。熱で溶けて鍋やフライパンにこびりついてしまいます。

いったんポップコーンを容器に移して、容器の中でシャカシャカやるのもやってみましたが、どうもうまくからまず、パウダーが残ったままになってしまうので、やはりフライパンで手早く混ぜてからませないとダメみたいです。

ポップコーンの種は400円、キャラメルシュガーは200円くらいなので、合計600円程度ですが、家でポップコーンを作る作業はこどもにとっても楽しそうですので、手軽な調理体験としてももってこいじゃないかと思います。

popcorn3

鍋の中でポンポンはじめる様子は楽しいですね。

ポップコーンの種はこれ。

ポップコーン用のキャラメルシュガーはこれ。

-子育て, 食料品

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved.