ファイルサーバー 構築法、選び方、OSの種類、自作方法を紹介。WindowsXPやWindows7で簡易ファイルサーバーを作る方法。ファイルサーバーの構築法、選び方

Windows7でファイルサーバーを構築する

少人数でファイル共有を行うときの手段として、WindowsXPのファイル共有機能を使う方法もありますが、Windows7でも同じようにファイルサーバーとして利用することもできます。

Windows7の場合は、WindowsXPとは違って多くのエディションがありますが、ファイルサーバーとして利用する際に必要なエディションは、Windows7 Professional以上ということになります。

Windows7でサーバー構築する実際

実際にWindows 7をファイルサーバーのOSとして利用する際も、共有したいファイルが入ったフォルダを右クリックして共有設定を行うだけで完了です。

具体的には、共有したいフォルダを1つ作り、そのフォルダを右クリックし、以下の様な設定を行うだけで共有が可能になります。

windows7でファイルサーバー構築

ただし、システムのプロパティ画面で、ワークグループを同じ名前にしておかないと、ほかのコンピュータからファイルを見に行くことができませんので、その点は注意してください。

共有する相手を選んでください」という画面が表示されます。

特定の相手にだけ公開を許可する場合には、対象を設定することもできますが、ネットワークに所属する全員に公開を許可する場合は、Everyoneを選んで「読み取り/書き込み」の両方に設定をしておけば、ファイル共有の完了です。

WindowsXPよりも、高度な権限設定を行うことができるので、少人数でのネットワーク管理であれば、Windows7でも十分にファイルサーバーとして利用することができると思います。