ファイルサーバーの構築法、選び方、OSの種類、自作方法を紹介。Windows7・windows8・Windows10で簡易ファイルサーバーを作ろう。ファイルサーバーの構築法

ファイルサーバーの構築ガイド

このホームページでは、ファイルサーバーのつくり方や構築法、選び方をくわしく解説しています。

一般的に、デスクトップパソコンやノートパソコンに関する情報は、分かりやすく解説されたホームページや雑誌がたくさんあります。

そのため、初心者でも情報収集に困ることは、ほとんどありません。

けれども、ファイルサーバーとして使われるサーバーPC(ホームページ用のレンタルサーバーではありません)に関する情報収集となると、格段にハードルが高くなります。

というのは、専門性の高さや用途の豊富さがゆえに、難解な専門用語の理解や、求められる前提知識や基礎知識が多くなるからです。

たしかに、ファイルサーバーに限らず、本格的なサーバー運用をしようとすると、難解なネットワークへの理解がどうしても欠かせません。

また、セキュリティへの理解や、パーミッションの設定管理など、いろいろと知っておかなければならないことや、覚えなければならないことがいっぱいです。

ただ単に「気軽にファイル共有をしたい程度の要望しかないにも関わらず」です。

これでは、すこし絵がうまくなりたいと思っている程度の希望なのに、絵画の歴史や画家の歴史を勉強させられるようなもの。あまりにオーバースペックというものです。

でも、多くの中小企業にとっては、ファイルサーバーの構築は手段であって目的ではないはずです。できることなら、必要最低限の知識だけで乗り切りたいところです。

サーバーPCの内部ところが、サーバーOSを発売しているマイクロソフトやLINUXなどのベンダーなどのホームページを見ても、まずその用語の意味が難しいという方は多いです。

その結果、初心者にとってはファイルサーバーの導入の検討はおろか、「何から手をつけてよいのか?」という検討段階そのものが敷居の高いものとなり、「自分がどのような製品を選べばよいのか」どころか、「何が分からないのかさえ分からない」状態になりがちです。

たしかに、サーバー導入や運用に関しては、通常のパソコンに比べて多くの専門知識を必要とします。 セキュリティなどのリスクを考えると、どうしても深い知識が求められるからです。

しかし、サーバー運用に関するエキスパートや専任者を持たない中小企業の多くは、「他の人よりパソコンに詳しそうだから」といった理由だけでシステム担当者に任命されてしまうケースが多々あります。

そこでこのホームページでは、難しい用語や解説を必要最小限に抑えながら、サーバーの存在意義やサーバー導入メリットを出来る限り易しく解説し、どのような製品を選べば失敗がないかなどをご案内します。

あなたのファイルサーバーライフ、そしてビジネスをもっと効率的に運営するためのヒントになれば幸いです。

ファイルサーバーの構築ガイド 主な特集とコンテンツ