ネット通販で購入した商品レビューと口コミ

ネット通販レビュー部

クレジットカード

イオンカードの申し込みの手順って?

投稿日:2013年3月25日 更新日:

イオンカードの申し込み手順は、ほとんどがWEB上で完結するものなので、非常に簡単です。

イオンカードと楽天カード

時間にして、約15分くらい。

ネット通販利用に慣れている方であれば、おそらく5分程度で完了することができます。

おおまかな手順としては、

1.国際ブランドの選定
2.本人情報
3.勤務先情報
4.暗証番号
5.振替口座の登録
6.そのほかの付帯サービスの申し込み

といった流れで進めていくことになります。

まず、国際ブランドをVISAか、Mastercardか、JCBかを選択するわけですが、海外旅行で利用する予定がないのなら、はっきりいってどれでも同じです。

強いて言うなら、VISAカードがもっとも利用できるお店が多いそうですが、いずれのブランドも世界的に認知されている3大ブランドなので、どれでも同じです。

ちなみに、ここにアメックスが加わって世界4大ブランドとなるわけですが、アメックスは意外と使えるお店が限られているのです。というのは、アメックスだけはどちらかというと高級店にしか導入されていないことが多いため、たとえば小さな屋台などでは利用できないことが多いです。

また、国内のネットショップで利用するにしても、アメックスだけは契約が別になっていることが多いので、VISA、マスター、JCBは問題なく使えるのに、アメックスだけは使えないというお店も結構あります。(楽天ショップのなかにも結構あります)

さて、この世界ブランドの選択が終われば、あとは本人情報です。

これは、名前や住所、生年月日などの情報を入力するページです。

つぎの勤務先情報ですが、会社の所在地や連絡先のほか、勤続年数などを記載します。

つぎの暗証番号は、4ケタの番号を決めます。キャッシングなどをしないでもない限り、ほとんど利用することはありませんが、たとえば新幹線などの自動券売機でカードを使うときなどは、暗証番号の入力を求められることがあったりもします。

つぎの振替口座は、カードで利用した金額の引き落とし口座の登録です。自動引き落としが原則なのですが、入金が遅れると延滞利用料(つまり利子)がつく可能性があるので、普段よく利用しているメインバンクを登録しておくのが一般的です。

こうした手続きをWEBページ上で行うと、あとは郵送で必要な書類やカードが送られてきます。

イオンカードや楽天カードの場合、だいたい10日前後でカードが送られてきますので、余裕を持って申し込んでおくことをおすすめします。

⇒イオンカードの申し込みはこちらから

-クレジットカード

Copyright© ネット通販レビュー部 , 2018 AllRights Reserved.