防湿庫の選び方や使い方、電気代、おすすめ機種、メーカー比較、価格情報など。 防湿庫の選び方ガイド

防湿庫の選び方ガイド

このホームページでは、一眼レフカメラや磁気テープなどの保管・メンテナンスに最適な防湿庫の選び方を解説しています。

プロカメラマンや映像制作会社など、プロ用の業務用アイテムと思われがちな防湿庫ですが、最近では一眼レフタイプのデジカメの普及や、ネット通販、通信販売の爆発的な普及によって、個人的に購入される方が増えています。

高級一眼レフカメラやデジタルカメラ、交換用レンズ、機械式時計などの精密機器、カセットテープやオープンリールなどの磁気テープ、写真フィルムやネガなどは、湿気が大敵です。

そこで活躍してくれるのが、主にカメラ周辺機器メーカーが製造販売している防湿庫。

文字通り「湿度を一定に保ち、クリーンな環境で保管する」専用のキャビネットです。

湿度を一定に保ち、かつ密閉されているため、精密機器やメディアなどのカメラ周辺機器だけでなく、宝石や高級貴金属、コレクショングッズなどの保管や保護・メンテナンスにも最適です。

精密機器の保管のほか、以前はよく利用されていたテープやオープンリールなどの磁気メディア、CDROMなどの光学メディアの保管・保存にも利用されています。

精密機械は湿気に弱いため、高級なデジタルカメラや、交換用レンズ、ビデオカメラをはじめ、メディアやテープをカビやサビから守るために購入される方が多いのですが、その高級感や所有欲をそそる外観も、人気のひとつかもしれません。

東洋リビングのオートクリーンドライ防湿庫防湿庫は、庫内の湿度を一定に保つだけの単純な機能ではありますが、実を言うと、レンズやモーターなどの駆動系の機構がある電子機器、精密機器の場合は、ただ乾燥している場所に保管していればよいというわけにはいきません。

なぜなら、乾燥している場所ではカビの発生をおさえることはできても、金属や駆動系パーツを保護するためのグリス(油)などが乾いてしまうほどに乾燥している場所は、かえって機器を痛めてしまうからです。

そこで、ほどよい湿度に保つ必要があります。

精密機器にとって最適な湿度は、だいたい40%前後だとされています。

普段わたしたちの生活で最適とされている湿度は、50%前後だと言われていますから、40%の湿度は「今日はちょっと乾燥しているね」と言われる程度の湿度が、電子機器にとっては最適な湿度だということになります。

湿度系が付いたドライボックスとよばれているプラスティック製(ポリプロピレン製)の収納ボックスもありますが、これらはあくまでも湿度を一定に保つものではなく、湿気を排除するためのもの。

そのため、メディアなどの単純な保管には向いていますが、電子機器そのものの保管にはあまり向いていません。

そこでここでは、日本でも人気のある防湿庫を紹介しつつ、その魅力や選び方をご紹介したいと思います。

防湿庫の選び方ガイド 主な特集とコンテンツ

防湿庫の選び方

防湿庫とはなにか?

自分に合った防湿庫を上手に選ぶ方法

防湿庫の電気代はいくら?

防湿庫の用語集